ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

【備考】なつかしの故郷へ〜トビーとハンソン

以前「オズの魔法使」の記事で「家が一番」というメッセージが「大草原の小さな家」と共通すると何となく書いた。 映画でのドロシーのセリフが印象的だったからだが、それは字幕からの情報であって原語のThere's no place like homeを聞き取れた訳ではない。…

映画「ある日どこかで」(新録吹替版)

映画「ある日どこかで」を久々に見た。もう何度も見ている大好きな映画ではあるが、今回はクリストファー・リーヴの声をささきいさおが新録したということでBSテレ東での放送を見たということである。その若々しい声はとても78歳とは思えなかった。これだ…

「せっかくグルメ」の 芳根京子と小芝風花

地上波のバラエティ番組は基本的に見ない。見ないというより見る時間がないと言った方が正しいかもしれない。とにかく見たい映画やドラマ、聴きたい音楽、読みたい本が山積していて何から手を付けていけば良いのか分からない状態に陥っている。 そんな中で芳…

小さなYeah6〜花火

シーズン2「自由よ永遠に」より 日本で花火というと夏の風物詩であり、その地域の夏祭りと共に打ち上げられることが多い。例えば長岡花火は空襲のあった8月2日に打ち上げられて、戦争の記憶を今に伝えている。同じ夏でもアメリカの花火は7月4日の独立記念…

【名曲】日曜はダメよ

今日は雪ではなく雨が降っている。雪は無音で降り続き、翌朝に世界を一変させる。それに対して雨はその存在をきちんと伝えてくる。豪雨は恐ろしいが、適度な雨音は心地良い。特に今は雪を溶かしてくれる雨はまさに恵みの雨だ。 そんな日曜日の午後、久々にCD…

大雪原の小さなYeah2〜北海道のドラマ

2月になって天気は目まぐるしく変わる。例年より1日早い節分、立春は大雪だった。東京では早くも春一番が吹いたようだが、こちらでは猛吹雪だった。 先週の土日は雪のためBSはほぼ映らず、楽しみにしていた番組が見られなかったが、今日は久々に快晴となり…

小さなYeah5〜ナイトキャップ

シーズン1「すばらしい収穫」より 昼間のボンネットに対して夜はやはりナイトキャップである。個人的にドラマで特に好きなのはローラとメアリーが寝る前にするベッドでの他愛もないおしゃべりである。その時に二人が被っているのがナイトキャップである。 …

小さなYeah4~ボンネット

シーズン1「すばらしい収穫」より ドラマでもっとも印象的なファッション・アイテムはボンネット(bonnet)である。ヨーロッパの伝統的な帽子で、17世紀から18世紀にかけてよく使われていたらしい。元々は女性の既婚者が着用していたようでキャロラインには…

小さなYeah3~麦わら帽子

シーズン3「にせの牧師さん」より メアリーの麦わら帽子。個人的には夏休みを思い出すだけに、教会へ被って行くのには少々違和感を感じてしまう。 それでも成長したメアリーにとってはオシャレなアイテムなのだろう。このへんの感覚は正直よく分からない。 …

小さなYeah2〜首斬り

シーズン3「こわい夢」より 首飾りと首斬り。漢字一文字の違いなのに受ける印象は大きく異なってしまう。美と醜、まさに似て非なるものである。 お皿の上にはオルソン夫人の首。ハロウィンの夜にオルソンが夫人の首を斬るところを目撃したローラ。メアリー…

小さなYeah1〜首飾り

シーズン5「父の愛」より メアリーが付けている首飾りは手作りである。これを作ったのは一人娘のいる太った男。娘が自分の姿を恥じているのを知った男は出稼ぎに行くと嘘をついて盲学校に住み込みで働くことになる。仕事中に屋根から落ちた男は重傷を負って…

ビートルズ・バラード・ベスト20

「ビートルズ・バラード・ベスト20」は日本では1980年12月21日に発売された。クリスマスを見込んでのことだと思うが、このアルバムを自分は翌年の1月10日に購入している。ベストではあるが、初めてリアルタイムで購入したビートルズのアルバムだ…

映画「ジョジョ・ラビット」〜大草原のウサギ

映画「ジョジョ・ラビット」を見た。昨年のアカデミー賞で脚色賞を受賞しており、見たい映画の一本だった。 ジョジョ・ラビット (字幕版) 発売日: 2020/05/20 メディア: Prime Video 少年の目を通して戦争を描く映画では「太陽の帝国」「戦場の小さな天使た…

【備考】勇気をもって~アメフト

新たにレギュラーになったアダムとアルバートの有能さが印象的なエピソード(シーズン5)。それだけにローラとメアリーは彼らをただ見守るだけの存在になってしまう。 アダムが登校拒否の生徒に対して、どのような指導をするのかが見所でもある。問題は生徒…

【備考】家族はひとつ

シーズン5はいきなり前後編でスタートする。前編はウォルナット・グローブを離れたインガルス、ガーベイ、オルソンの家族がウィノカという都会に集結していく過程が面白い。そして後編のオープニングではメアリーの授業風景が描かれて印象的。 ここからチャ…

デヴィッド・ボウイと「大草原」

デヴィッド・ボウイと「大草原」について書きたいと思って、なかなか書けずにいる。どちらも1月10日が大切な日なのに、書けないままに日が経っていく。 今年になって色々なCDを聴いているが、その中に映画「キャット・ピープル」のサントラがあった。映画…

大雪原の小さなyeah !

首都圏には緊急事態宣言が再び出されたが、当地ではコロナに加えて警報クラスの大雪が続いている。先月以来これで三度目の最強寒波である。 嵐の直前、埋もれた標識 そのため4KどころかBSはほとんど映らず、今朝の大河「太平記」の再放送も見ることができな…

大草原の小さな家【特別版】~過去と未来

BS4Kでのシーズン5のスタートは来年になるようなので、まだ見ていなかった特別版を見ることにした。DVDには「大草原の小さな家-特別版-」として「きのうの日々」「この愛すべき子ら」「最後の別れ」の3話が収録されており、それぞれ95分の長編である…

【備考】失われた光~新たなる希望

「エピソード4」と聞くと個人的には1978年公開の映画「スター・ウォーズ」を思い出す。副題は「新たなる希望」。 「シーズン4」と聞くと今はドラマ「大草原の小さな家」を思い出す。その最終回の邦題は「失われた光」であるが、(後編は)個人的に「新…

自分へのご褒美に、もう一度見たい、あのドラマ

はてなブログのお題で「自分へのご褒美」と「もう一度見たい、あのドラマ」というのが出ていたが、これで連想するのはドラマのDVDボックス。自分も好きなドラマのDVDボックスはいくつか購入した。最近では「大草原の小さな家」を購入してブログにも書いてい…

ジョン・ウィリアムズ〜ライブ・イン・ウィーン

「らららクラシック」でジョン・ウィリアムズの特集を見た。あのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がジョンの作曲した映画音楽を演奏するという快挙に感慨深いものがあった。 ウィーン・フィルと言えば個人的にはレナード・バーンスタインが指揮したマーラ…

史上最高のロック・アルバムTOP 10

史上最高のロック・アルバム TOP100 www.newsweek.com 最近またレコードをよく聴いている。だからでもないが、ネットで「最高のロック・アルバム」といった記事があると、つい見入ってしまう。先日もNewsweekが発表していたので読んでみた。TOP10は次の通り…

【備考】すばらしい贈り物

自分の趣味の買い物は自分への贈り物でもある。そんな買い物を今年はほとんどしなかった。昨年の11月にAmazonで4Kテレビと「大草原の小さな家」のDVDボックスを購入して以来、今年は一度もAmazonを利用しなかった。とりあえず、その二つの物で満たされ…

人生に影響を与えたレコード

今年の紅白はジャニーズ祭りで見る気は失せているが、二階堂ふみの司会と「エール」関連が気になるところ。そんな中、昨夜の「うたコン」では井上希美と山崎育三郎によって「船頭可愛いや」と「トゥナイト」が歌われて満足してしまった。金曜日の最終回では…

【備考】夢を見た町

この時期にしては珍しく、晴天と暖かい日が続いている。過ごしやすいのは良いのだが、これに慣れてしまうと余計に寒さが堪えることになってしまい、体調管理が大変である。コロナの感染者数も全国各地で過去最多を記録している中、当地でもついに感染者が出…

【備考】わたしの赤ちゃん~今そこにある危機

朝ドラ「エール」では主人公の弟の結婚が描かれた。その福島のリンゴ農家の一人娘を演じたのが志田未来で、父親を演じたのがマキタスポーツ。当然、父と娘で確執があり、それがドラマになる。 シーズン4の「わたしの赤ちゃん」でも、そうした父と娘が描かれ…

【備考】母さんの初恋〜小さな恋のメロディ

このところ寒い日が続いているが、早くも初雪が降った。初雪と言えば美しくも儚いものであるが、それは初恋にも言えることである。 シーズン4の「母さんの初恋」は甘くて少しほろ苦い初恋をキャロラインが思い出していくストーリー。二人の結婚記念日、女性…

【備考】先生になったメアリー

アメリカのサイトで「大草原」の最高のエピソードとして1位と2位になっているのがシーズン4の「メアリーの悩み」と「先生になったメアリー」である。「メアリーの悩み」についてはすでに書いたが、今回4Kで「先生になったメアリー」を見て、色々と面白か…

【備考】小さな恋、大きな愛〜リトル・ダーリング

BS4Kでシーズン4の「小さな恋、大きな愛」を見た。 邦題のようにローラの恋を描いた「小さな恋」とチャールズの仕事と家族への思いを描いた「大きな愛」のストーリーが同時進行する。 面白いのは当然、ローラの恋のパートではあるが、シーズン1の「ロ…

映画「さらば、わが愛/覇王別姫」

WOWOWのミニシアター特集の1本として放送された「さらば、わが愛/覇王別姫」を久々に見た。3時間弱という長尺ながら、一気に見ることができた。 さらば、わが愛 覇王別姫(字幕版) 発売日: 2015/11/15 メディア: Prime Video 京劇を舞台にした50年に及ぶ…