ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

【大草原の音楽】5「北の国から」

さだまさしのライブを見た。相変わらずトークは絶好調。2時間のライブの半分を占めるが、それが面白いのだから凄いことである。長崎までの帰省の話は自分自身の体験に重なるところもあり、印象的だった。自分もかつて青春18きっぷで長崎まで行き、帰りに広島に寄った。その経験は今でも忘れられないが、さだのように生き生きと語ることはできない。

f:id:hze01112:20200125151213j:plainさだのアルバムを初めて買ったのが高校生の時で「私花集」だった。その次に前作「風見鶏」を購入、どちらも味戸ケイコのイラストに魅せられた。

f:id:hze01112:20200125150713j:plain

f:id:hze01112:20200125150729j:plain

f:id:hze01112:20200125151142j:plain

 草原に立つ少女ということで「大草原の音楽」にぴったりだ。

 さだと言えば当然、ドラマ「北の国から」の音楽を担当したことでも知られている。個人的にはあのテーマ曲より、「大草原の小さな家ミニ」を担当した中嶋朋子が演じた蛍のテーマが好きである。


北の国から 蛍のテーマ.wmv