ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

【レコード】映画音楽3〜リップスティック

中学生になると学校で割引券が配られたりして、映画館に行くことが増えた。そして、FMで映画音楽の番組を聴きながら、エアチェックする回数も増えていった。

その時のカセットテープはもうないが、レコードを聴くと懐かしく思い出すことができる。

当時のスターだったアラン・ドロンとシルビア・クリステルがジャケットを飾った2枚組のレコードには、1976年頃の映画の記憶が詰まっている。

f:id:hze01112:20210419151053j:plain

f:id:hze01112:20210419151122j:plain

収録曲は次の通り。

1枚目ーーーーー

ダウンタウン物語

華麗な関係

ザッツ・エンタテイメントPart2

ブーメランのように

カサンドラ・クロス

キングコング

サイレント・ムービー

名犬ウォン・トン・トン

ラスト・コンサート

がんばれ!ベアーズ

タクシー・ドライバー

オーメン

リップスティック

カッコーの巣の上で

2枚目ーーーーー

ベンジー

続エマニエル夫人

ジョーズ

タワーリング・インフェルノ

エマニエル夫人

追憶

燃えよドラゴン

小さな恋のメロディ

ゴッドファーザー

ある愛の詩

ロミオとジュリエット

太陽がいっぱい

エデンの東

禁じられた遊び

サントラ音源は「華麗な関係」だけだったが、編曲はかなりオリジナルに寄せていて違和感がなかった。それだけに当時、FMから流れていた曲をリアルに思い出すことができた。ここに収録されている曲はほぼエアチェックしたと思う。

特に1枚目に収録された曲は当時の最新映画で「カサンドラ・クロス」と「キングコング」は1976年の正月映画の目玉だった。そのゴールドスミスとバリーの音楽を初めて聴いた時の不思議な感覚は今でも覚えている。

それから同時上映で観た「オーメン」と「リップスティック」の衝撃たるや忘れられない。アカデミー音楽賞を取った「オーメン」は当然だが、「リップスティック」を担当したミッシェル・ポルナレフ電子音楽にも魅せられたものである。その音楽は今でも全く古びていない。

f:id:hze01112:20210420145604j:plain


www.youtube.com

レコードのタイトルは「愛のロードショー 最新映画音楽全曲集」。演奏はフィルム・シンフォニック・オーケストラで、いかにもそれっぽい。発売はポリドール。

インナーの解説はモノクロだが、このデザインはブログみたいで悪くない。こうしたカタログ的なレイアウトには無意識に影響を受けているかもしれない。

f:id:hze01112:20210419150921j:plain

f:id:hze01112:20210419150945j:plain

なお、ジャケットの二人が共演した映画「エアポート’80」も映画館で観ているが、数年前にサントラが発売された時は嬉しかったものである。

f:id:hze01112:20210419151244j:plain


www.youtube.com

hze01112.hatenablog.com