ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

「100万回」と「101回」のファンタジー

立春。珍しく朝から陽の光が部屋を照らし、それだけで気分が良くなるから不思議なものだ。週末の土曜日の朝は、ゆっくりとコーヒーを飲んだ後、録画していたドラマなどを見るのが楽しみだったりする。

1月から始まった冬のドラマも予想以上に面白くて、見るだけでも大変である。その中で唯一録画を残しているのがTBSの金曜ドラマ「100万回 言えばよかった」である。

最初こそ、井上真央がヒロインのファンタジーなんてと思っていたが、さすがに安達奈緒子の脚本だけあって、切ないストーリーに目が離せなくなってしまった。

1990年9月28日に公開された映画「ゴースト/ニューヨークの幻」を観た時と同じような感情の揺れを覚えているところである。タイトルからしてホラー映画でありながら、ラブストーリーでもあり、笑えるコメディでもあるというジャンルレスな内容にすっかり魅せられたものである。

恋人が幽霊になって現れるというプロットはそのままドラマにも踏襲されており、映画では「同じく」という言葉とレコードから流れる「アンチェインド・メロディ」に心を揺さぶられてしまったが、ドラマでは下手な口笛によって奏でられた「大きな古時計」に泣かされてしまった。

ドラマの中には佐野洋子作の絵本「100万回生きたねこ」が出てくるが、この絵本に登場するとらねこと白いねこを飼っていた。そして、ねことこの絵本が好きだった人はもういない。

そんな切ないラブストーリーに「101回目のプロポーズ」がある。映画「ゴースト」が公開された翌年の1991年7月から放送されたが、これが同じ時間帯にBSで再放送されているのも不思議な感じである。

亡くなった婚約者を忘れられないヒロインを演じているのが浅野温子で、その回想シーンにはショパンの「別れの曲」が流れる。もうベタベタなんだけど、こういうのが身に染みるのである。それに、彼女の部屋にあるのがDATというのが個人的に嬉しい。デッキが壊れて聴くことができないDATのテープを未だに捨てることができないでいる。その中には「別れの曲」「SAY YES」だけでなく、自分にとって忘れられない生の声が収録されている。


www.youtube.com

当時の日記には、「武田鉄矢浅野温子というカップルの妙で、ユーモアとセンチメンタルのブレンドが絶妙」と書いてあった。これはそのまま「100万回 言えばよかった」では、「佐藤健井上真央というカップルの妙で、ユーモアとセンチメンタルのブレンドが絶妙」ということになる。

101回目のプロポーズ」では、いよいよ来週放送の6話であの有名な台詞が聞けるが、これはもう一種のファンタジーでもある。普通ならこのまま死んでしまうところであり、それをコメディとして描いているのが日曜の「ブラッシュアップライフ」で、これがめっぽう面白い。これも「100万回生きたねこ」みたいなストーリーでもあり、こうしたファンタジーは大好きである。

また、今夜放送の「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱」も父親の幽霊に翻弄される息子の物語として最高に面白い。

この「100万回 言えばよかった」「ブラッシュアップライフ」「6秒間の軌跡」が「100万回生きたねこ」のようなラストを迎えるのかどうか、楽しみである。

週刊文春の思い出

最近は本はおろか、雑誌さえ買っていない。

今、手元に残っている雑誌で最新なのが週刊文春の2021年7月8日号である。東京に居た頃は毎週買っていたのに、もう1年半もご無沙汰ということになる。

では、この時は何を読みたくて購入したのかというと、第一に立花隆の追悼特集ということになる。次にワイドMVPという特集で芳根京子が取り上げられていたからである。

この記事ではドラマ「半径5メートル」でのラブシーンを巡って演出家と対立したという内部事情が興味深かったが、元々負けん気が強くストイックだったので先生から「頑固ちゃん」というあだ名をつけられたという話が面白かった。

現在BSPで再放送されている朝ドラ「本日も晴天なり」で原日出子が演じているヒロイン元子のあだ名もガンコで、ちょっと芳根と重なってしまった。

今の朝ドラ「舞いあがれ!」で福原遥が演じているヒロインの母親役が永作博美であるが、「半径5メートル」では芳根の先輩役で、次の「この花咲くや」では小芝風花とも共演している。この芳根、小芝、福原のリレーが最高である。

現在、小芝は木曜放送のバラエティ「ぐるぐるナインティナイン」の「ゴチになります!24」の新レギュラーとして活躍しているが、覆面で登場した時に増田貴久から芳根ではないかと言われた時のリアクションが面白かった。その芳根は増田と共演したドラマ「オールドルーキー」が終わってから新たな出演情報がないのが寂しい限り。

それから増田はドラマ「レンタルなんもしない人」では比嘉愛未と夫婦役も演じており、羨ましい限りである。その比嘉が出演した夜ドラ「作りたい女と食べたい女」も面白かったが、この漫画について書いた宇垣美里の連載も興味深かった。

このように古い雑誌は後になって読んでも新たな発見があるから面白い。実はこの号を捨てられないで残している最大の理由は、昨日の記事にも書いた小林信彦のコラムの最終回が掲載されているからである。

20年ほど前に連載がスタートした頃から読んでいたコラムであったが、実家に戻ってからはほとんど読んでいなかった。それが上記の理由でたまたま買った号が最終回だったという驚き。第1177回で「数少ない読者へ」と題されたコラムは次のように始まる。

日本の社会は、遠慮がちに言っても、荒れ狂う嵐の中にいる状態だと思う。そもそも、東京でオリンピックをやろう、などと言い出した人間が、まず怪しい。・・・

もう、最後まで時代の空気感を切り取って見事である。こうした文章をずっと書きたいと思い続けてきたが、これは見果てぬ夢で終わりそうである。それでも、数少ない(とは思えない)読者の一人として読み続けることができて最高だったと思う。

ここまで書いてきて、文字数が1177だった。

小林信彦と坂本九

爆弾低気圧の影響で頭痛がして、目覚めは最悪だった。それでも早朝には強風は止み、6時前にゴミ出しに行ったら、空には星が輝いていた。思わず坂本九の「見上げてごらん夜の星よ」のメロディが頭に浮かんだ。この時の気温が氷点下1度くらいだから、そこそこ暖かく感じてしまった。しかし、日中になっても気温は上がらず、午後になって本格的に雪が降り出した。


www.youtube.com

録画していたEテレのスイッチインタビューを見た。小林信彦細野晴臣との対談だったが、脳梗塞後の小林の姿を見るのは初めてだっただけに大丈夫かと思ってしまった。

しかし、外見は至って普通でとても90歳とは思えなかったが、活舌はやはり良くはなく会話の面白さは味わえなかった。それでも元気な姿を見られただけでも十分だった。

小林と細野と言えば共通の友人として大瀧詠一がいて、この席に彼が居たらという思いに二人とも感極まった姿が印象的だった。喜劇と音楽の草創期の話題が大瀧によってクロスオーバーしていくことの面白さにワクワクした。それだけに、小林が脳梗塞に倒れた2017年以前に実現していたらと思わざるを得なかった。

ちなみに小林はあの「夢であいましょう」にも携わっており、そこから誕生したのが坂本九の「上を向いて歩こう」だった。


www.youtube.com

www6.nhk.or.jp

その2017年以前には週刊文春で連載していたコラムを熱心に読んでおり、その著作も多く購入したものである。もしかしたらハードカバーの本をもっとも多く購入した作家かもしれず、こうしてブログを書いているのも小林の影響が少なからずあると思うだけに、久々に著作も再読したくなってしまった。

hze01112.hatenablog.com

2月になって

ようやく2月。早く3月になって暖かくならないかと切に思う。

それでも今日は久々に気温が8度まで上がったが、先週の水曜日は最強寒波によって最高気温がマイナス4度という寒さだった。

とにかく、こう寒いと体だけでなく頭も働かず、物事がスムーズに運ばないことが多い。室温が18度以下だと認知症へのリスクが高まるとのことだけに、注意しないといけない。

12月の寒波の時にはWi-Fi機器が壊れてしまったのに、国道の立ち往生によって物流がストップ。注文した商品がなかなか届かず、ストレスも溜まってしまった。雪がなければ何の問題もなかっただけに、こんな時に壊れなくてもと思ってしまった。

そして待望の商品がようやく届いて新たに設定し直したら、iPadは何の問題もなく接続できたのに、このブログを書いてきたWindowsのPCに接続できなくなってしまった。さすがに3万円の中古だっただけに仕方がないかと諦めもついたが、たまに繋がる時もあって全くの意味不明な状態が続いている。

ネットで調べても、なかなか理解するのは難しく、まるで昭和のテレビみたいに叩いて動かしているみたいになっている。こうなると、いざブログを書こうと思ってPCの前に座っても、接続するために悪戦苦闘しているうちに面倒くさくなってしまい諦めることが多かった。

一応、iPadで書くこともできるが、やはり画面が小さくて書きづらい。そうなると無理に書かなくてもいいかなって思ってしまう。それでも漠然と書きたいという思いもない訳ではないので、多少の葛藤はあったりもするから困ってしまう。

そもそも、初めはこうしたどうでもいいようなことを書きたいと思って始めたブログなので、原点回帰でこうしたグダグダしたことを書いていくのも良いかもしれない。そうすればまた何か書きたいことも見つかるかもしれない。

個人的にもこうした何でもない日常のグダグダした雑文を読むのは好きではあるが、世間的にはテキスト中心のブログは先が見えてきているようで残念ではある。先日もLINEブログが終了とのニュースを見たが、はてなには是非がんばって欲しいと切に思う。

それでも個人的にブログでやりたかったことはほぼ実現できた。目標としていたPV数には達することができたし、検索上位に表示される記事も書くことができた。正直、これ以上、望むことはないので、あとは気軽に書いていければいいかなって思っている。そこから多少注目されるような記事が出てくれば嬉しい。

最近では寒い中「北風小僧の寒太郎」の記事が読まれているようで、ちょっと心がほっこりする感じ。ドラマ「大草原」もそうだが、ある世代にちょっとだけでも刺さるようなことが書けたら満足である。

ちなみに新納慎也は、うたのおにいさんのオーディションで「寒太郎」を歌って合格したというエピソードを先日のあさイチで語ったとのこと。

hze01112.hatenablog.com

夢の轍〜さだまさしのコンサート

さだまさしがグレープとしてデビューしてから50年になるとのこと。

正月にたまたまBSで「さだまさしが生まれた場所で」と題された、昨年に閉館となったNBCビデオホールでのコンサートの模様を見た。ここで1972年11月に初めてのコンサートを開き、翌年に「雪の朝」で全国デビューしている。

グレープ時代の歌はFMなどでよく耳にしていたが、当時はまだレコードを聴くことができなかった。さだのアルバムを初めて買ったのが1978年3月に発売された「私花集」だった。上記のコンサートでも最後に歌われた「主人公」が収録されている。

そして上京した1982年の12月に発売されたのが「夢の轍」で、個人的にはさだのアルバムのベストである。今から40年前の冬、このレコードをよく聴いていたことは鮮明に覚えている。


その年の6月29日に新宿の東京厚生年金会館でのコンサートに出かけた。NBCビデオホールでのコンサートは100円だったようだが、この時はS席で3,000円だった。当時の記録には次のように書かれている。

ついに生でさだまさしを見て、聴いた。あぁ、やっぱり思ってた通りのまさしだった。会場は予想に反して男性も多く、満席だった。幕が6時半ぴったりに開き、オープニングは「心にスニーカーをはいて」と「長崎小夜曲」で、軽快にスタート。ちょっといつもと違うんじゃないのって不安に思ったが、その後は予想通りの展開になった。

オープニングの2曲が終わると会場から「おめでとう」という声。それに応えて、まずは結婚式の話から始まり、後楽園で王選手の母親に会った話や、10年前のデビュー時の話などを軽妙に語っていった。それにしても啞然とするほどよくしゃべり、幼少期における母親の逆カウントの話などは可笑しくも印象的だった。

第2部はニューアルバムの「夢の轍」から「微熱」「極光」「前夜」「まりこさん」「償い」を歌い上げ、特に「重い曲ですが・・・」と自ら前置きしてアコースティックギター2本だけで絶唱した「償い」は感動的だった。

そしてラストナンバーが大好きな「道化師のソネット」と「黄昏迄」だったというのが実に嬉しかった。アンコールの拍手は鳴りやまず、再び幕が上がりニューシングル「望郷」が歌われコンサートは終了した。

今思うと、まだデビューして10年目だったのかって感じ。それから40年、色々なことがあった。番組の最後でさだが語っていたことがすべてだ。

あっという間の50年
瞬きする間だったみたい
あれ夢ですよって言われたら、ああそうですかって感じだよね

まさに夢の轍である。

hze01112.hatenablog.com