ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

【備考】闇の中の人質

シーズン6の「闇の中の人質」をBS4Kで見た。シーズン4の「人質になったメアリー」と比べると見劣りはするが、サスペンスとしてはそれなりに面白い。

冒頭、馬車で護送中の囚人が途中で汽車に乗り換える。そこで看守を騙して脱走するというエピソードは映画でもよく描かれる。

ところがDVDで見た時はけが人を連れてどのように汽車から逃げたのか分からなかった。今回、4Kで見直したら汽車の連結を外して脱出するシーンが描かれていてようやく納得することができた。そのうえ、看守が呑気にサンドイッチを食べながら脱走は不可能などと話しているシーンまであり、なぜDVDでこのシーンをカットしたのか意味不明だった。

f:id:hze01112:20211016145820j:plain

DVDではNHKでの初放送時にカットしたシーンは吹替が原語になるので分かるが、このようなカットもあるから4K放送は見逃せない。ちなみにNHKがカットしたのはアルバートがローラの代わりに食事を作り大失敗するシーン。バンディットにも食べさせようとするが臭いを嗅いだだけで逃げてしまうシーンを見て、エドワーズが作った蛇料理をジャックに食べさせようとしたシーズン1の「母さんの休暇」を思い出した。

そうこうしているうちに囚人3人は雨の中ウォルナット・グローブに辿り着く。そこで留守宅を守るメアリーとローラを人質にして盲学校に立て籠もる。その盲学校の建物は「人質になったメアリー」でジェームス兄弟が隠れた建物と同じである。

それにしてもオルソンが帰った後に侵入するのはタイミングがよすぎる。その前に様子を窺っているシーンがあれば良かったが、尺の都合で仕方がない。けが人を治療するためにベイカー先生を呼びにローラが嵐の中に出ていくが、これもちょっと無謀すぎる。盲学校から診療所までが近かったとしても、そこからプラム・クリークの家まで走るって凄すぎる。

雷光はあったとしても外は真っ暗だったはずである。それは盲学校の中も同じである。1階には暖炉の火が灯っていたが、2階はほぼ闇の中だったはずである。だからこそ闇の中でも自由に動けるメアリーが活躍すると思ってしまった。

ところがDVDではまるで電灯があるかのような明るさで、ちょっと興ざめしてしまった。それが4Kの映像ではだいぶ改善されており、闇の中の雰囲気はあったものの、それでも普通に動ける明るさがあった。

さすがに映画「暗くなるまで待って」(Wait Until Dark)のような演出をテレビでやるのは難しかったことと思う。それでも原題がDarkness Is My Friendだから、この映画のような展開も考えていたのかもしれない。

f:id:hze01112:20211016150022j:plain

f:id:hze01112:20211016150050j:plain

しかし、ホラー映画が好きだったというマイケル・ランドンはメアリーが活躍するサスペンスよりも、メリッサ・スーの悲鳴や怯える表情を撮りたかったのかもしれない。

そしてチャールズの活躍により事件は解決するが、その後の顛末も出来すぎである。脱走した囚人の懸賞金がいつかけられたのかは分からないが、その金額が1,000ドルってどうなんだろう。ちなみに「人質になったメアリー」に登場したジェシー・ジェームスにかけられた懸賞金は10,000ドルだった。

そのジェシーブラッド・ピットが演じた「ジェシー・ジェームスの暗殺」も最近になって見ることができたが、彼を暗殺したボブ・フォードの顛末が実に面白かった。

囚人が脱獄する映画には「大脱走」や「ショーシャンクの空に」といった多くの名作があるが、個人的にバカらしくて好きなのが1997年に公開された「コン・エアー」である。ニコラス・ケイジをはじめとして多くの個性的な俳優が登場するが、「大草原」でオルデン牧師を演じたダブス・グリアがちょっとだけだが登場する。トラックの下でのニコラス・ケイジとの掛け合いが最高だった。その後、「グリーンマイル」で主人公の看守(トム・ハンクス)の晩年を演じ、2003年に90歳で亡くなっている。

f:id:hze01112:20211016124950j:plain

この映画では元イエストレヴァ―・ラビンのロックテイストの劇伴が最高だったが、美しいテーマ曲とともに忘れられない脱獄映画に「パピヨン」がある。こちらにも「大草原」で印象的な老人(シーズン2「竜巻」など)を演じたE.J.アンドレが登場する。

f:id:hze01112:20211016124909j:plain

西城秀樹と「大草原」

10月になるとようやく秋という気分になってくるが、ここ数日は真夏の様な気温になっており、調子が狂う。寝る前は暑くてタオルケットもいらないくらいなのに、早朝は寒くて毛布を被ってしまう。年々、この寒暖差に体が追いついていかない。

そんな日中の暑さに負けないような熱い番組を見た。西城秀樹のデビュー50周年の特番である。BSPとBS4Kで放送されたが、4Kを録画して見ることにした。これまで4Kはリアルタイムでしか見られなかったので、録画できることのメリットは大きい。

1993年に放送された野口五郎と共演した「ふたりのビッグショー」も楽しかったが、翌日に放送された1985年の武道館コンサートが圧巻だった。その前座ともいうべきドキュメンタリーが1時間あり、これも全盛期の紅白の舞台などが鮮明な映像になって甦り、ちょっと凄かった。そしてコンサートでは全50曲を2時間20分に渡り熱唱して、見てるだけでも疲れてしまった。

1985年1月のこの日に初披露された50曲目の「一万光年の愛」は井上大輔作曲でつくば万博のテーマソングとなったのに、これまで聴いたことがなかった。井上といえば個人的には1981年の「哀 戦士」である。

1980年代になると歌謡曲よりも洋楽を好んで聴くようになったため、西城の歌も1979年9月発売の「勇気があれば」以降はあまり馴染みがなくなっていく。それでも今回1980年以降の歌を改めて聴くことができて印象的だった。

特に「リトルガール」から始まったメドレーはダンサーとバックコーラスとの相乗効果で、まるでバリー・マニロウのステージを見ているかのような楽しさだった。そのクライマックスが「勇気があれば」というのも最高だった。そのバリーともこの年に「腕の中へ」(53枚目のシングル)で共演することになるのだから凄い。

f:id:hze01112:20211004173239j:plain

思い出の歌ということであれば、高校時代の「YOUNG MAN」と「ホップ・ステップ・ジャンプ」あたりになるが、やはり小学生の頃に夢中になっていた「傷だらけのローラ」あたりは忘れられない。

1974年の紅白で披露されたゾロのようなコスチュームはなんとなく覚えていたが、翌年の夏に公開された「アラン・ドロンのゾロ」もその主題歌と共に夢中になったものである。

それよりも、今もまだ夢中になっている「大草原」に登場するローラという名前を覚えることになった歌でもある。NHKでの放送は翌年の1975年から始まることになる。

その西城秀樹のコンサートと「大草原」を同じ日に4Kで見たというのもなんだか感慨深かった。その「大草原」はシーズン6の「クラス会」で、西城の歌と共に自分の高校時代のクラスも思い出してしまった。TwitterではBSPでも放送された西城の話題で盛り上がっており、その熱量の半分でも「大草原」にもあればと思わずにはいられなかった。

最近でも「大草原」はオンライン・ツアーが実施され、今朝にはスカパーで初回が無料放送されている。そして4Kでもようやく1分程度の番宣を流し始めたようで、ようやく見ることができた。そこではシーズン5の「なつかしの故郷へ」でのローラとメアリーの別れのシーンが編集されていて印象的だったので、こういうのをもっと見たい。

西城の歌では鳩と教会と鐘が出てくる「白い教会」を聴いて「大草原」を思い出してしまった。


www.youtube.com

ちなみに西城は1955年生まれで、前回書いた55という数字も思い出した。コント55号の番組にも出演していたみたいである。

55について〜時をかける少女

ワクチン接種の2回目以降、倦怠感が続いている。ただ、これもワクチンの影響か、寒暖差疲労によるものか判然としない。それでもワクチンを打ち終えた安堵感は大きい。

自分が2度目の接種をした日のニュースで、国民の55%が2回打ったと報じていた。平均より少し遅れたというところだが、想定していたよりも意外に早かったというべきであろう。

この55という数字はGO  GOを連想させるせいか勢いがあって好きである。Eテレで放送中の2355と0655も東京にいた頃はよく見ていた。今は映画音楽のコーナーがある木曜日の2355しか見ていない。

買い物をする時も55,000円が目安になることが多い。4Kテレビを買った時もそうだったが、今回もワクチン終了記念として購入した4Kレコーダーもそうである。ずっと欲しかったものの高額で諦めていたが、ついAmazonで55という数字を発見してしまい購入してしまった。

これも巣ごもり消費やリベンジ消費と同じなのかもしれないが、自分への贈り物でもある。それこそ5万円以上の買い物は2年前の4Kテレビ以来である。そろそろ経済を回す意味においても、少しずつお金を使っていきたいものである。

このように55,000円くらいだと思い切れるが、これが6万を超えてくると考え込んでしまうことが多い。わずか5千円のことなのに、おかしなものである。

今、ベッドサイドにはiPad mini4が置いてある。4年前に購入したものであるが、だんだんと処理速度が気になるようになってきた。そこにタイミングよくiPad mini6が発売されたが値段は59,800円からということで考え込んでしまった。次なる消費としては55,000円程度のノートPCを考えているが、このiPad miniも気になるという訳で、しばらく迷うことになりそうである。

 

それで購入したばかりの4Kレコーダーであるが、目的の一つは4Kで放送されている「大草原の小さな家」を録画して編集すること。NHKでは「刑事コロンボ」の特番は何度も放送しているのに「大草原」に関しては5分程度のミニ番組をいくつか放送しただけである。おそらく全話4Kでの放送が終了してBSプレミアムでの放送が始まる前には何らかの特番はあると思うが、もう待っていられなくなってしまった。

アメリカでの初放送が1974年の3月だから、それまでには放送開始50周年記念の特番が作られるのは間違いないだろう。もしかしたらBlu-ray Boxの特典映像として収録されることになるかもしれない。それはそれで楽しみではあるが、自分のために自分の好きなシーンと音楽を編集しておくのも悪くはない。ただ見るだけでも楽しいが、ちょっと自分なりに手を加えてみるのも楽しいものである。これがあるから、まだ完全に配信だけには移行できない。

その配信だが、この4KレコーダーにはNetflixだけでなくAmazon Prime Videoも見られるようになっている。これまでは時間の都合もあって利用したことがなかったが大画面で見てみるとBS放送と遜色なく驚いてしまった。今はまだWOWOWに加入しているが、将来的には配信だけで十分のような気がしてきた。

しかし、今はまだ録画して残すことが楽しい。記念すべき4Kの録画第1号は大好きな大林版「時をかける少女」になった。この映画は放送される度に録画しているような気がするが、ちょっと前にWOWOWで放送された5.1chになったバージョンをディスク化している。その時も画面は綺麗になったと思ったが、4K化でさらに画面は鮮明になり、夜のシーンでも表情が良く見えるようになった。

とにかく尾道の街並みや、登場人物の部屋の小物まで良く見えるので、これまでに気づかなかった発見が多くあった。特にヒロイン和子の部屋に映画「オズの魔法使」のポスターが貼ってあったことに初めて気づくことができた。

f:id:hze01112:20210929152634j:plain

和子が土曜日の実験室でラベンダーの香りを嗅いでからの日々は、ドロシーがオズの国で体験したことと同じである。タイムリープで実験室に戻るシークエンスはまるで竜巻の中に入ったかのようなイメージでもある。その時計が回転する時の音の効果も、まるでピンクフロイドの「狂気」のようなサラウンド感を味わうことができた。

これはもう個人的にはサイケデリックなゴーゴー・サウンドみたいなもので、映画「ゴジラ対ヘドラ」を思い出してしまった。


www.youtube.com

あと55と言えば昭和55年を思い出す。西暦では1980年という訳で、この年の前後5年の間に体験したエンタメ作品こそが最高ということである。

時をかける少女」の幼少期の思い出のシーンで「わたし、きれい?」というセリフがあるが、この年に話題になった「口裂け女」もそうだったと昨夜の「アナザーストーリーズ」を見て思い出した。

口裂け女」といえば、今だったら「鬼滅の刃」の鬼になるのだろうが、かつて「手天童子」を描いた永井豪も大好きだった。

f:id:hze01112:20210929185129j:plain

台風とドラマ(モネとアン)

台風が接近中のためか、例によって体調が良くない。西から東に一直線に進むのは珍しい。今夜から当地でも荒れる予報だけに、被害がないことを願う。

朝ドラ「おかえりモネ」でも2年前の台風が描かれた。日付も場所もフィクションではあるが、2019年10月の台風19号による千曲川の氾濫がベースになっていることは想像できる。

たまたま当ブログでも大草原の「救われた町」の記事で触れていたので、すぐに思い出すことができた。やはり、少しでも書いておくと記憶には残りやすいようである。

hze01112.hatenablog.com

その記事でも事前の情報が町を救うと書いていたが、ドラマでも情報をいかに集めて、どのように伝えるかが描かれていて興味深かった。

昨夜は能登沖で震度5弱の地震が発生したが、たまたまローカル局の天気予報を見るためにテレビを点けたところだった。そのため天気予報は放送されなかったが、これが台風接近中だったらどうだったのかと思った。地域によって必要とされる情報は違うのに同じような情報が流されることへの違和感を感じることも多い。

特にこの夏はオリパラの放送でNHKはそれ一色になってしまい、ローカルのニュースはほとんど見ることができなかった。地方局であっても少なくても男性アナが5人、女子アナが4人いるようである。嘱託も含まれているのかも知れないが放送時間の割には多すぎるような気がする。ドラマのように見えない裏方も多いとは思うが、ちょっと実態を知りたいところ。

BSで朝ドラに続いて放送されている「こころ旅」も秋の旅がスタートしたが、今週は千曲川が流れる長野県だった。この番組も火野正平が自転車で走るだけであるが、そのスタッフの多さには驚いてしまう。それだけ丁寧に作られているとも言えるが、何とも贅沢である。

 

先日、ドラマ「前略おふくろ様」を見ていたら、ちょっとだけ火野が出演していた。萩原健一演じる三郎のはとこであるトラブルメーカーの海(桃井かおり)の弟役だった。その父親を演じているのが大滝秀治で、上京した父親を迎えに来たということである。

そこで例によって大滝の独演が感動的だった。癌で余命いくばくもない妻との馴れ初めを語るのだが、本郷の喫茶店で流れていたのがラフマニノフの2番ということで劇伴もその曲が流れ続ける。親世代にも青春があったという当たり前の事実をこの甘美なメロディが雄弁に語って忘れられないシーンになっていた。

その海と恋仲になる利夫を演じた川谷拓三は、現在BSで放送中の大河「黄金の日日」で杉谷善住坊役を熱演していたが壮絶な最期を迎えてしまった。とにかく今のドラマに無いハードな描写が強烈である。

同じことが日曜の朝に続いて放送されている「ウルトラセブン」にも言える。今週の25話「零下140度の対決」で描かれた雪の描写は素晴らしかった。その過酷な状況描写が4Kの映像でよりリアルになった感じである。

f:id:hze01112:20210917145442j:plain

f:id:hze01112:20210917145504j:plain

雪景色と言えばドラマ「アンという名の少女」でのギルバートの父親の葬儀シーンが印象的だった。今週から始まったシーズン2では村を出たギルバートはなんと船で働いていた。シーズン1の最終回で登場した悪人二人組は金の採掘という詐欺で村人を騙そうとする。

このように原作から離れた二次創作の色合いが濃くなってきたが面白いので問題なし。まるで大草原の「砂金の夢」や「人質になったメアリー」のようなエピソードでワクワクする。

二次創作と言えば朝ドラ「花子とアン」もそうである。その再放送もようやく最終週が放送されたが、最後まで芳根京子が登場していて嬉しかった。放送当時も印象に残ってはいたが、まだその名前は認識していなかった。蓮子が戦死した息子のことを話したラジオ放送を思いつめた表情で聴く姿がラストカットだった。

f:id:hze01112:20210917152225j:plain

その「赤毛のアン」の最初のタイトル案が「窓辺に倚る少女」だったとのこと。フェルメールの名画「窓辺で手紙を読む女」を思い出した。先日、修復が終わり、背景にキューピッドが描かれていたことがはっきりしたとのこと。

f:id:hze01112:20210917155947j:plain

キューピッドと言えば恋愛という訳で、久々の恋愛ドラマ「彼女はキレイだった」を見終わった。小芝風花の熱演のおかげで最後まで面白く見ることはできたが、本筋よりも枝葉の方をもっと見たかった。

f:id:hze01112:20210917154458j:plain

台風14号は今夜7時に福岡に上陸したとNHKのニュースが伝えていたが、総裁選の話題になったので消してしまった。

【備考】受けつがれる命~メアリーの赤ちゃん

すっかり文章が書けなくなってしまった。テレビを見ていて、これ書きたいなって思っても、ちょっと間が開いてしまうとすぐに忘れてしまう。

最近ではニュースも総裁選のことばかりで見る気になれない。それでもドラマや映画はそこそこ見ているのに、ただ面白かったでお終いである。

4Kの「大草原」も変則的な放送が続き、ちょっとした感想も書けないままである。さすがに3話連続で放送されても全部見るのは難しい。

先週の土曜日には「悪魔の声」「受けつがれる命」「町にやってきた電話局」が放送されてシーズン6は半分の12話まで放送されたことになる。

ここで気になったのが11話の「受けつがれる命」。DVDでは「メアリーの赤ちゃん」という邦題だっただけに、アレって思ってしまった。これまでにも微妙な変更はあったが、ここまで変わったことはなかった。Amazon Prime Videoでも同じだった。

受けつがれる命

受けつがれる命

  • マイケル・ランドン
Amazon

当然、当ブログではこの回はDVDを見て書いたので「メアリーの赤ちゃん」になっている。それでもストーリー的には「メアリーの赤ちゃん」よりは「受けつがれる命」の方が良いのかもしれないが、個人的には原題のAuthor, Authorにならって「作家になったおじいちゃん」としたいところ。

このように色々なタイトルが付けられそうなくらいストーリーとしては盛りだくさんということであるが、一方ではまとまりに欠けているとも言える。何しろ、Amazonの画像のように最初はある悲劇が描かれる。久々の再会が棺だったことを想像すると胸が痛むが、その棺はどこで手に入れたのだろうか。

そんなことをつい考えてしまうくらい今でも旅先で亡くなることは普通にあるだけに、決して他人ごとではない。その悲しみを癒してくれたのが昔の思い出を書き記すことだったということである。これは自分史を書いて自費出版することと同じことである。今ではブログを書くことも同じような効果があるかもしれない。

f:id:hze01112:20210913184234j:plain

ただ自費出版にお金がかかるというのは今も昔も変わらない。チャールズは買ったばかりの鍬を返品し、キャロラインはネリーの店で働いてお金を工面する。一方、ローラとアルバートは物乞いをして小銭を集めるが、「愛の贈り物」のエピソードを思い出して何だかモヤモヤしてしまった。

そんなモヤモヤはメアリーの出産にも言える。シーズン5で流産しているのにほとんど緊張感もなくその日を迎えてしまう。描かれるのは夜中に空腹で目が覚めてしまいアダムに食事を用意させるというほのぼのとしたエピソード。メリッサ・スーの演技力をしても出産シーンは難しかったのか見せ場も少なかった。

f:id:hze01112:20210913191900j:plain

すっかり丸みをおびた表情は幸せそのものだっただけに、この後で描かれるエピソードのことを考えると複雑である。個人的には「まぼろしの赤ちゃん」のエピソードだけで終わりにして欲しかった。

ひ孫の誕生を喜んだおじいちゃんは2年後に亡くなったとラストで語られるが(この後の)知らせは届いたのだろうか。色々な意味で語られていないストーリーの余白を想像すると相当に残酷である。

f:id:hze01112:20210913193641j:plain