ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

映画「Arc アーク」と芳根京子

昨日の最高気温は27度。今日も同じくらい気温が上がるとのことで、午前中に買い物がてら自転車に乗って近くの公園まで行ってきた。新緑もだいぶ深みを増してきて、5月の風も心地よかった。

今日は土曜日で楽しみにしているドラマがあるので、気分も良い。先週の「妖怪シェアハウス」は会社におけるストレスの重圧が描かれて、苦い過去を思い出してしまった。澪(小芝風花)の書きたいけど書けないという気持ちはよく分かる。

続いての「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」では康介(山田涼介)の家での和泉(芳根京子)とのコロッケ作りが描かれて最高だった。熱々のコロッケとビールがあれば、それだけで十分だ。これも昔のコロッケの思い出がよみがえり、翌日にコロッケを食べたのは言うまでもない。

ドラマではそこに元カノの莉子(鞘師里保)が現れてのドタバタに大笑い。その芳根と鞘師が5日放送の「ウラ撮れちゃいました」に出演して二人での番宣も良かった。番組では宮城と小田原のウラ名物を食べる芳根が相変わらずで笑ってしまった。

その宮城で紹介されたのが餡子たっぷりのお萩で、これがそんなに売れているのが驚きだったが、朝ドラ「カムカムエヴリバディ」を思い出してしまった。

そして、この日の深夜、なぜか当地では昨年6月に放送された「ごぶごぶ」の芳根回が再放送された。そこでも変顔でトマトに噛りつく姿と、肘フェチという変わった嗜好を披露していたが、こうした飾り気のないところが魅力的である。

この時期、芳根は多くの番組に出演して6月25日公開の映画「Arc アーク」の宣伝に努めていたが、不老不死を描く地味なSF映画だけに一般の視聴者に対する宣伝効果は期待できないと思ったものである。

その結果は予想通りで、興行収入5,700万円という記録的な不入りに終わってしまった。その映画をようやく見ることができたが、不入りになったのも仕方がないと思える内容だった。


www.youtube.com

監督の石川慶は「愚行録」「蜜蜂と遠雷」ともに良かっただけに期待していたので残念でならない。芳根が出演したドラマ「イノセント・デイズ」も忘れられない。

上記の作品はそれぞれキャラクターの心情がしっかりと描かれていたが、本作では芳根が演じたリナの心情がまるで伝わってこないので、なかなか共感するのが難しかったのが痛い。

ケン・リュウの原作は短編のようだが、うまくその世界観を展開できなかったのかもしれない。映画では船内での息子との再会シーンでの芳根の表情が印象的だっただけに、もっと情感豊かにならなかったものかとも思ってしまった。

リナが産んだ息子を娘にすれば、母と娘の確執を感動的に描けたかもしれない。それは朝ドラ「カムカムエヴリバディ」がそうであったように、正しく母と娘の100年を超える物語になったはずである。

その「カムカム」の総集編も見ることができた。「安子編」「るい編」「ひなた編」と区切られてはいたものの、根幹は母と娘の不幸な別れと感動的な和解にあった。その幹がしっかりしているので、どのように編集してもその思いは伝わってくる。

それに対して映画「Arc アーク」はテーマが絞り切れていなかった。映画では倍賞千恵子が出演しているが、その存在感たるや圧巻の一言。それだけにそこに収斂していくようなストーリーであったなら、もっと感動的だったに違いない。

それでも個人的には芳根の魅力だけで十分に見るに値する映画だった。こうした難しい題材に果敢にチャレンジしたことも凄いことである。そうした経験が今のドラマにも活かされているようにも思う。

その前の2月に公開された「ファーストラヴ」はまだ見ていないが、来月17日にはずっと延期されてきた映画「峠」がようやく公開されそうで、楽しみである。

ちなみにこの日は小芝主演の映画「妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-」の公開日でもある。この映画は民放のバラエティ番組で宣伝するのにはぴったりだけに、小芝の活躍も楽しみである。

10年前のブログ

ようやくストーブを片付けたら、いきなり初夏の陽気になった。この著しい寒暖差に体が追いつかず、頭もぼんやりとしたままだ。肩と首の凝りによって頭痛も併発。まともにテレビも見られない有様だ。

そんな状態の中、ブログを書くのもどうかと思うが、ただベッドに横たわっているのもしんどいので無理にPCの前に座ってキーボードを打っている。

この連休中、何度も書こうと思っては途中で挫折することの繰り返しを続けてきた。書きたいことは頭の中にあるのに、それを文章化できないもどかしさに苛まれ続けてきた。

今もここでキーボードを打つ手が止まってしまい、しばらく画面を見続けてしまった。これまではここで諦めてPCの前から離れてしまったので、今回はブログを始めた10年前のことを書いてみようと思う。

今から10年前の5月5日に初めてブログを書いた時のことはよく覚えている。その頃のことは当ブログには残していないので、ちょっと引用してみる。

2012/5/5(土)

連休も残り一日となった今日、ようやく朝から青空が広がった。レジャーには最適な日となったが、出かける予定のない身にとってはどうでもいいこと。

帰省もせず、家に籠ってテレビ三昧の日々ももうすぐ終わる。来週からは仕事に追われる日々が再開し、週末は法事で帰省するから、こうしてのんびりできる時間は貴重である。

日記を書かなくなってからは久しいが、他人の日記を読む頻度は増えた。自分の書きたいテーマを検索すると、すでに多くの方々が詳細に語っていて、共感することばかり。それでも書きたいという気持ちはあるわけで、自分なりにできる範囲で書いていきたいと思う。ささやかな日常の備忘録として。

当時は未公開のまま、日常のあれこれを書くだけで満足だった。それでタイトルは「ささやかな日常の備忘録」としたが、はてなに移行してから同じタイトルのブログがあったので備忘録から記録に変更したが、今は日常のことはほとんど書いていないのでタイトルと内容がそぐわないブログになってしまった。それでも10年間もよく書き続けることができたと思う。

2012/5/7(月) 

休み明けの出勤は体にこたえる。ほとんど動かない日が4日も続いた後だけに尚更だ。それなのに心地よい陽気だったため、途中下車して飛鳥山経由で出社。夏服でノーネクタイという軽装だったものの、なまった体には少々きつかった。

iPodの音楽は今日からブリティッシュ・フォーク中心に変更。5月の風とアコースティック・ギターの音色が心地よい。

仕事はやはり本調子ではなかったものの、さほど忙しくなくて助かった。そんな中、またしても決算におけるケアレス・ミスを発見。集中力の欠如に.落胆。

帰りはコンビニに寄って、そばとおにぎりを購入。

今朝のモーニングショーでお得なマンションの居住地No.1に選ばれていたのが北区の志茂だった。当時、ここから地下鉄の南北線に乗って出勤していたので懐かしかったのと同時に、今もここに住んでいたらどうなっていただろうと思った。

都心へのアクセスも良く、会社の行き帰りに飛鳥山を経由できるのも最高だった。その時は渋沢栄一の記念館を横目に歩いていたが、まさか大河ドラマの主役になり、1万円札の顔になるとは思ってもみなかった。

当時はメリー・ホプキンなどのブリティッシュ・フォークをよく聴いていたが、今は日本のフォークや歌謡曲ばかり聴いている。


www.youtube.com

2012/5/8(火)

昨日の疲れが残って、最悪の目覚め。久々に頭が重く、全身がだるかった。トースト2枚を食べてから、コーヒーをがぶ飲みしたが、頭痛は消えず薬を飲んで出勤。体は痛んだが、今日も晴れていたので途中下車して会社まで歩いた。5月といえども日差しは強く、昨日よりも暑くて消耗してしまった。

会社に着いても頭痛は治まらず、昼食後にも再び薬を飲んだ。しかし、一向に改善せず6時過ぎに会社を出て帰宅。寿司を買って食べたが、未だに治まる気配はない。

10年前も頭痛に悩まされていたが、体は比較にならないほど元気である。今はほとんど歩くこともなくなってしまった。

2012/5/10(木) 

なぜ、毎朝こうも目覚めが良くないのだろうか。睡眠時間が足りてない訳でもないのに、熟睡感がない。ここ数日は頭が重く、ただもうしんどい状態が続いている。

会社では新年度早々、売り上げの大幅なダウンで先行き不安が募るばかりで、仕事に身が入らない。

大気の状態も不安定で、午前中は晴れていたのに、昼過ぎから暗雲が立ち込め、雷雨となった。雨上がりの帰り道はヒンヤリとした空気で、だらだらと歩いて帰宅した。

ここから会社の業績は急降下していき不安は現実となった。

2012/5/14(月) 

土日と帰省した後の月曜日は本当にしんどい。休んだ感じがしなくて、体が妙に重い。
会社でも決算業務が足踏み状態で、なかなか先に進まず、焦りだけが募る。 とても集中して仕事に臨むという感じではない。
帰りは風が心地良かったが、歩く元気はなく、食料を買って帰宅。

録画で見た「LOST」はサイードとダニエル・ルソーとの出会いにより、初めて他の者たちの存在がほのめかされた。さりげなくイーサンも登場して、改めて脚本の巧みさを実感。

この頃、海外ドラマ「LOST」にハマり、初めてAmazonでDVD-Boxを購入した。

2012/5/16(水) 

日中の最高気温は28度で7月上旬の暑さ。 先日、帰省した折には10度未満で寒さに震えていたのが嘘のようだ。こうした気温差に体が適応しきれず、体調が芳しくないのであろう。会社でも集中力に欠けて、仕事が滞りがちであった。それでも帰りは歩いたが、やはり消耗度は大きかった。赤羽駅吉野家の牛丼を食べたが、妙に美味しかった。380円で満足できるなんて、ある意味、幸せなことである。

吉野家といえば先日、問題発言があったばかりだが、そうした企業風土は別にして当時はお世話になったものである。

それにしても10年前も体調は芳しくなかったようで、これからも体調には気を付けていきたいものである。そうすれば、あと10年は無理としても、もう少しブログも続けられるかもしれない。

青春の歌とドラマと映画

タワーレコードに注文していたCD「みんな愛した学園ソング」が届いた日に、俳優の山本圭の訃報を知った。

山本といえば1966年放送のドラマ「若者たち」で知られるが、このCDの5曲目にザ・ブロードサイド・フォーの歌で主題歌である「空にまた陽が昇るとき」が収録されている。


www.youtube.com

作曲は映画「日本沈没」を手掛けた佐藤勝で、先日記事にしたばかりだった。ドラマは見たことはないが、この歌は当然のことながら知っており、学校でも歌った記憶がある。

その「日本沈没」のドラマ版に山本は23話から登場しており、村野武範演じる小野寺と救出計画を巡って対立するリーダーを演じていて印象的だった。

その村野といえば「飛び出せ!青春」で知られており、CDにも当然その主題歌「太陽がくれた季節」も収録されている。

ただ、この歌は青い三角定規のベストにも収録されていたので、目的は中村雅俊主演の「われら!青春」の主題歌である「帰らざる日のために」だった。このドラマからは挿入歌の「ふれあい」と「青春貴族」も収録されており、改めていずみたくの楽曲の素晴らしさを実感している。

それから、このCDの1曲目は舟木一夫の「高校三年生」であるが、この歌がラストに流れる大好きな映画「青春デンデケデケデケ」を見直したばかりだった。主人公が故郷の観音寺から上京する時に宣伝カーが通る。その助手席に乗っていたのが南野陽子だった。南野と山本は2001年公開の映画「大河の一滴」で共演している。


www.youtube.com

映画は1992年10月公開。その時も高校時代を思い出して感傷的な気分になったものだが、今回は予告編にも出てくる海岸のシーンに魅せられてしまった。主人公の同級生を演じた柴山智加は「ふたり」と「はるか、ノスタルジィ」にも出演しており、ちょい役ながらもその笑顔に魅せられたものである。

今だったら大阪の朝ドラによく出演する宮嶋麻衣に似た感じかもしれない。その宮嶋が出演した「カムカムエヴリバディ」の総集編が近々放送されるようだが、それを見越してサントラも購入した。朝ドラとしては「あまちゃん」以来となるが、そういえばこのドラマでも橋幸夫が登場していたことを思い出した。

今回はもう1枚、80年代のJ-POPのコンピも購入したが、こちらは宮崎美子が歌った「夕闇をひとり」が収録されている。宮崎といえばカムカムで安子を演じた上白石萌音に似ていることで、その晩年役として登場を期待されていた女優であるが、80年代はピカピカに光っていたアイドルだった。


www.youtube.com

今回も良い買い物ができたが、「学園ソング」のジャケットは中身が良かっただけに、もう少し何とかならなかったのかと思う。

ドラマ「雪国」と気になる女優

昨日は冷たい雨が降り続いて、最高気温は8度。その前には25度ちかくまで気温が上がっていただけに、その寒暖差に体調も良くないままである。

そのためテレビなど見続ける気になれず、春ドラマもほとんど見ていない。そんな中、昨日は見たいドラマが目白押しで、とてもリアルタイムでは見られないので、とりあえず録画だけしておいた。

そして今朝は氷点下まで気温は下がったものの気持ちよく晴れたおかげで体調も良くなり、録画したドラマを堪能することができた。

まずは毎週楽しみにしている「大草原」のシーズン7だが、昨日はシリーズを通しても最大の問題作「ある少女」が前後編連続で放送された。一気見するには重すぎる内容ではあるがヒロインのシルビア(原題)が魅力的で、ラブストーリーにホラー要素を加えたランドンの作劇に引き込まれてしまった。

f:id:hze01112:20220417171747j:plain

続いて夜9時からは川端康成の原作を朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の藤本有紀が脚色した「雪国」を4Kで見た。これまで原作も読んでいるし、駒子を岸恵子が演じた映画(1957)と松坂慶子が演じたドラマ(1980)を見ているのでストーリーは頭に入っていたが、それを二人の視点で描いていくことでミステリーのように引き込まれてしまった。ここでも時代劇と映画がモチーフとして描かれて印象的だった。ちなみに昨日は川端の命日でもある。

f:id:hze01112:20220417172448j:plain

今回は駒子を奈緒が演じていたが、ちょっとイメージが違う感じ。どことなく藤谷美和子に似てはいるが、映画「それから」を演じた頃の藤谷だったらぴったりだったかもしれない。それに対して葉子を演じた森田望智は、八千草薫真行寺君枝とタイプは違うものの意外に良かった。

f:id:hze01112:20220417172421j:plain

かつて映画「東京日和」を監督した竹中直人が「雪国」を中山美穂で撮りたいと言っていたことを思い出した。映画「Love Letter」での雪のシーンが印象的だっただけに見てみたかった。もし今、自分がキャスティングするとしたら駒子を芳根京子、葉子を小芝風花にする。

そんな二人が出演しているドラマが「妖怪シェアハウス」と「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」で、11時から連続で放送された。それぞれ30分のドラマではあるがこれを続けて見ることの喜びは大きい。

「妖怪」は待望の続編で6月には映画も公開されるなど、小芝にとっては大切な作品になっている。コメディではあるがシリアスな問題も内包しており、西荻弓絵の脚本は「ケイゾク」「SPEC」同様、ヒロインが魅力的に描かれていて最高に面白い。今回から朝ドラ「べっぴんさん」で芳根の娘役を演じた井頭愛海も登場して、ますます面白くなってきた。

f:id:hze01112:20220417144042j:plain

それに対して「俺かわ」の田辺茂範も、芳根の出世作「表参道高校合唱部!」と小芝の出世作トクサツガガガ」と「美食探偵 明智五郎」を手掛けているだけに安心して楽しめる。早速、古田新太演じる謎の男が意外なことを口にして、どうなるのか楽しみである。

f:id:hze01112:20220417143850p:plain

それにしても小芝も芳根もこうしたコメディ演技が実に魅力的で、見ていて楽しいし飽きないというのが凄い。それでも最近は少しずつ方向性も変わってきた感じはする。小芝は以前から猟奇的な役も演じたいと言い続けているが、やはりCMも含めて満面な笑顔が魅力的である。それに対して芳根は笑顔よりも、ちょっとシリアスな表情の方が魅力的だったりもする。

そうした違いも含めて、これからの二人の活躍が楽しみである。ちなみに昨日が小芝の誕生日で、どちらも25歳になったところである。同じ1997年生まれの女優には生田絵梨花中条あやみ松本穂香今田美桜黒島結菜桜井日奈子杉咲花玉城ティナ山本舞香がいて芳根に続いて杉咲と黒島が朝ドラヒロインになっている。

その朝ドラといえば「ちむどんどん」が始まったところだが、当初はあまり興味はなかったが初回を見たらハマってしまった。やはり姉妹(三~四姉妹)というのは「若草物語」や「大草原」を例に出すまでもなく、自分にとってはドラマのツボみたいなものである。

f:id:hze01112:20220417142824j:plain

朝ドラでも多く描かれてきたが、先月まで再放送されていた「マー姉ちゃん」もそうだった。三女のヨウ子が内気で病弱なところは「若草物語」のベスと同じで、史実を知らなかっただけに見ていて心配だった。演じた平塚磨紀と早川里美も初めて見る顔で新鮮だっただけに元気になってホッとした。

今回の「ちむどんどん」も三女の歌子が歌が好きで病弱ということを知り、それを上白石萌歌が演じるということだけで見たくなってしまった。それに黒島の子供時代を稲垣来泉が演じたのも良かった。稲垣といえば芳根がヒロインを演じた「TWO WEEKS 」を思い出すが、山田涼介が出演した映画「記憶屋」でも芳根の子供時代を演じていた。

f:id:hze01112:20220417143640j:plain

その稲垣が朝ドラで三女を演じたのが「スカーレット」で、このドラマでも三姉妹が魅力的に描かれていた。その印象的だったシーンを備忘として載せただけの記事がここにきて検索されていて驚いている。「大草原」の記事へのアクセスが減ったことで、こうした記事が浮かび上がってくるのも面白いものである。ちなみに「雪国」でも稲垣は駒子(奈緒)の子供時代を演じており、将来が気になる女優の一人である。

AXN厳選ベスト・エピソード

現在NHKのBS4Kでは毎週土曜日の午後5時から「大草原」のシーズン7を放送中で、今月からはアンコールとして平日の午前9時からと午後1時からシーズン4を放送中である。

個人的には同じ日に同じ回を2度も放送するなら、一方はシーズン1とシーズン2をリピートして欲しいと思っている。その方が新たなファンも獲得できると思われるだけにもったいない。

ネットではAmazon Primeの配信が終了してからは元々少ない書き込みがさらに減った感じがする。やはり、「刑事コロンボ」に比べると若い世代への広がりは少ないような気がする。

刑事コロンボ」はBSで人気投票が行われてベスト20が発表されているが、「大草原」でそれをやったら票が集まるのか気になるところ。できれば来年あたり、4Kでの放送が終了したら特番を作ってやって欲しい。

そんな折、CS放送のAXNでベスト・エピソードを放送することを知った。どの回が選ばれているのか興味津々という訳で、詳細は以下の通り。

 

特別企画
大草原の小さな家(傑作選・43話)
字幕版:4月18日(月)6:55amスタート
毎週月曜~土曜 6:55am 2話連続 ≪懐かしの名作劇場

時を経ても変わらぬ感動を与えてくれる不朽の名作「大草原の小さな家」。
そのシーズン1~9の中からAXNが厳選したベスト・エピソード集をお届けします。
インガルス一家がウォルナット・グローブに移り住み生活をスタートさせた記念すべきエピソードや、恋するローラが早く大人になりたいと頑張る姿が微笑ましいエピソード、そして失明することに絶望し無気力になってしまったメアリーが周りの人々の支えにより新たな光を見出す涙のエピソードなど、笑って泣ける選りすぐりの43話を傑作選として放送します!

 

シーズン 1

第2話「すばらしい収穫」
第3話「わたしの母さん」
第4話「遠くで働く父さん」
第6話「ローラの初恋」
第8話「オルガの靴」
第14話「ローラの祈り」
第15話「プラム・クリークのクリスマス」
第22話「吹雪の中」

 

シーズン 2

第1話「町一番の金持ち」
第3話「釣り友だち」
第5話「おばけ屋敷
第7話「思い出(前編)」
第8話「思い出(後編)」
第10話「砂金の夢」
第11話「愛の贈り物」
第15話「母さんの傷」

 

シーズン 3  

第2話「ネリーの落馬」
第11話「雪あらし」
第12話「風の中の初恋」
第14話「学芸会のできごと」
第20話「級長選挙」

 

シーズン 4

第1話「愛はひとりぼっち」
第2話「風の中の別れ」
第4話「メアリーの悩み」
第15話「先生になったメアリー」
第21話「失われた光(前編)」
第22話「失われた光(後編)」

 

シーズン 5

第9話「メアリーの結婚」
第11話「先生の子」
第12話「心をつなぐ旅(前編)」
第13話「心をつなぐ旅(後編)」

 

シーズン 6   

第1話「ローラの恋(前編)」
第2話「ローラの恋(後編)」
第23話「愛してる、愛してない(前編)」
第24話「愛してる、愛してない(後編)」

 

シーズン 7 

第1話「ローラの結婚(前編)」
第2話「ローラの結婚(後編)」
第9話「走れ馬車」
第20話「愛は永遠に」
第21話「愛すればこそ(前編)」
第22話「愛すればこそ(後編)」

 

シーズン 8

第1話「私のネリー(前編)」
第2話「私のネリー(後編)」

 

シーズン 9

新・大草原の小さな家 バリューパック [DVD]

 

シーズン9から選ばれていないのがAXNとしてどうなのかってのはあると思うが、概ね納得できるセレクトである。

シーズン1とシーズン2に関しては、どのエピソードが選ばれても文句はないが、シーズン3で「ネリーの落馬」を選んだのなら「雪あらし」ではなくて「二人だけのレース」を選んだほうが親切だと思う。

シーズン4では初回を除いてすべてメアリー回というのが個人的に嬉しかった。それだけにシーズン5は「先生の子」よりも「よみがえる光」を選んで欲しかった。

シーズン6ではこの4話を続けて見るのも面白いと書いたので納得だが、シーズン7とシーズン8はどれを選んでもちょっと違うような気がする。それだけにシーズン9から選ばれなかったのは気持ちとしてはよく分かる。

それでも自分なりにあれこれとベスト・エピソードについて考えてみるのも楽しいものである。

hze01112.hatenablog.com

hze01112.hatenablog.com