ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

雑記

「ウルトラセブン」と「緑の光線」

今朝の6時50分からBS4Kで「ウルトラセブン」の初回を見た。本放送は火曜の夜11時からでさすがに見るのは難しかったが、これで見続けることができる。 もう何度も見てはいるが、4Kで映像はより鮮明になり、まったく見飽きることはなかった。番宣で…

「マリン・エクスプレス」と「車輪の一歩」(1979年)

竹内結子だけでなく、先月は訃報が多くて、色々と思うことがあった。 27日には声優の富田 耕生が84歳で亡くなった。1963年の「鉄人28号」「鉄腕アトム」から始まるテレビアニメの数々は幼少期の記憶と重なる。 1978年から始まった日本テレビの…

映画「宮本から君に」と「歩くひと」

久々に気温が25度を超えて、歩くと汗ばむ陽気だった。それでも風は心地よく、空には鱗雲も見えて、やはり秋の気配。 あっという間に10月になって、もう今年も終わりが見えてきた。東京に居た頃は今月からウォーキングを始めるのが常だった。会社の通勤時…

「大草原の小さな家」と映画「マーニー」

今、「大草原の小さな家」を検索すると、上位に次の記事が出てくる。 www.elle.com 毒家族、毒親という言葉が毒々しいが、読んでもよく分からなかった。自分の読解力がないせいもあるが、何でも毒親とか毒母に結びつけるのはどうかと思う。それでもこうして…

椋鳥の夢~鳥と思い出

7月になって、せめて毎日、少しでもブログを書こうと思ったが、早くも挫折してしまった。昨日は朝から頭痛がひどく、朝食も昼食も食べられなかった。そんな状態では、まともに文章が書ける訳もない。 そして今日、頭痛は治ったが、屈んだ瞬間に腰に激痛が走…

サーカスとキングコング

サーカスが好きだ。 今は、なかなか本物を見る機会がないのが残念だ。先日もシルク・ド・ソレイユが破産申請をしたとのニュースを目にしたばかり。 それでも映画やドラマではいつでも見ることができる。ドラマ「大草原の小さな家」でも、たびたびサーカスが…

Country life&Country Girls

昨日に続き、30度超えの暑さになった。さすがにエアコンなしでは過ごせなかったが、家の中にいても頭がぼーっとしてくる。それなのに外でマスクはちょっと考えられない。地方では都会のように外での人混みはまずない。その点だけは田舎者で良かったと思う…

酔いのままに

朝から気持ちよく晴れた日曜日。 今週は肌寒い日がつづいたが、ようやく暖かい日が続くようなので、衣替えと炬燵の片付けを行った。 気分が夏モードに切り替わったところで、早々と入浴して昼食にビールを飲んだ。 そうしたら見事にアルコールが全身に回って…

別れのワルツ〜大草原の小さな家とエール

「風の中の初恋」の回で、ビードル先生がジョンに詩集を貸す。しかし、ジョンはメアリーとの結婚を優先し、詩人になるのを諦めるために読もうとしなかった。その詩集の作者がロバート・バーンズである。日本ではバーンズが収集したスコットランド民謡「オー…

アスカとナンシー

自分にとっての中二病のアニメといったら「未来少年コナン」になる。当時はラナに夢中になっていたが、今だったらモンスリーに魅せられてしまう。そのモンスリーの口癖が「バカね」で、この言葉のニュアンスが変わっていくのが印象的だった。 今時の中二病ア…

「行列の女神」と「大草原の小さな家」

今は週末感が希薄になっているが、東京で暮らしていた頃は金曜の夜は特別だった。会社帰り、映画を観る前にラーメンを食べたというささやかなことが、今はとっても懐かしい。行列ができるような店は好みではなかったが、いくらでも美味しい店はあった。特に…

ネリーとモンスリー

ドラマ「行列の女神」が面白い。苦境にあえぐラーメン店を救うコンサルタントの物語であるが、これを見て「大草原の小さな家」を連想してしまった。苦境にあえぐネリーの店を救ったコンサルタントこそが、ネリーを変えることができたということ。これもまた…

「ブレードランナー」と「大草原の小さな家」

今、NHKのBS4Kが面白い。これまではリピート放送ばかりだったが、ようやく4K放送に本腰を入れてきた感じがする。紀行番組は当然としても、ドラマも4Kで見ると印象がだいぶ変わってくる。今は朝ドラ「エール」と大河「麒麟がくる」も4Kで楽しん…

「オズの魔法使」と「大草原の小さな家」

BSPで映画「オズの魔法使」を久々に見た。これがもう本当に面白くて、映像も音楽も最高だった。そんな小学生にも劣るような感想しか出てこないのが情けないが、年々精神状態が童心に戻っているのは間違いない。記憶ではドロシーはもっと子供だった気がしてい…

「食の起源」の小芝風花

NHKスペシャル「食の起源」をようやく見ることができた。5回シリーズで「ご飯」「塩」「脂」「酒」「美食」について人類の進化との関わりから探っていく。テーマそのものも興味深かったが、出演者の近江アナ、TOKIOとゲストとのトークも楽しかった。そのゲ…

記録的な暖冬とどうでも良い話題

今日は久々に雪が降ったが、記録的な雪不足が続いている。個人的には雪など無い方が良いが、スキー場には死活問題である。 また農家にとっても春以降の水不足が心配だろう。このまま雪が降らなければダムの水が溜まらないので、首都圏でも水不足になる可能性…

雪と自転車とノルウェー

年末になって、書きたいことが色々あっても、何から書いてよいのか分からずに、何も書けない状態が続いている。今年を振り返ってみたいが、今日あったことも書けないようでは仕様もない。日常の備忘録は自分のために書いているのに、おかしなものである。 昨…

【備考】「大草原の小さな家」インデックス状況

はてなブログではよくブログの運営報告の記事が書かれている。他人のブログの収益やPV数などどうでも良いが、書く気持ちはよく分かる。自分にも承認欲求はあるからだ。そこで、自分もこれまでの運営報告みたいな記事を書いてみることにした。 マイナーな当ブ…

霞んだ空と頭

今日の最高気温は20度。11月にしては暖かい。早朝はさすがに冷えるが、日中過ごしやすいのは本当に助かる。3ヶ月予報では雨や雪は少なめで、暖かい日が多いとのことだが、素直に当たって欲しいと思う。 豪雨は当然として、当たり前のように降る豪雪も、…

ブログに書きたいこと

昨日が祝日だったことを直前まで知らなかったほど思考停止状態が続いている。ブログに書きたいことは色々あるのに書くことができないのがじれったい。 それでも「大草原の小さな家」の感想だけは書くことができているだけでも良しとすべきかもしれない。まさ…

台風と頭痛とブログ

台風の影響により、昨日から頭痛が続いている。最接近した今朝は症状も久々に重くなり、吐き気を伴った。毎朝続けているラジオ体操もできなかった。 この台風で首都圏では電車が止まり、被害も出ているようだが、こちらでは思ったほど風雨は強くならずに安堵…

天気に振り回される日々

最近、4時前に目覚めてしまい、なかなか眠れない。そのため、だらだらと多くのブログを読んで時間を費やしてしまう。だったら、自分でブログを書けばいいのにと思うが、これが思うほど簡単ではない。書きたいことは色々あるが、その書く優先順位が決められ…

今日のニュース

久々に夜のNHKニュースを見た。トップニュースは九州北部での大雨。佐賀県の唐津が映し出された。先日、大林宣彦監督の唐津古里映画「花筐」を見たばかりだった。圧倒的な映像美に3時間があっという間だった。大好きな「HOUSE」「時をかける少女」などを彷彿…

1年前の夏の記憶

昨年の夏は異常な暑さが続いたが、今年の夏もやっぱり暑い日が続いている。なんだか昨年の夏がつい昨日のように感じられてしまう。 昨年見て感銘を受けた番組が再放送されて、また見ることができる。ただ、昨年はその感想を書くことができたが、今年はなかな…

ブログと重低音

台風は熱帯低気圧に変わったが、日中はフェーンにより気温が上がり、猛暑日となった所もあった。今は雨が降っているが気温は高いままだ。今朝は6時で室温が30度を超えていた。こうなるとエアコンはフル稼働である。とても外出しようという気にはなれなかった…

夏空と「なつぞら」など

一昨日に梅雨明けしてから夏らしい暑い日が続いている。今日は午前中から室温が33度になり、さすがにエアコンを稼働せざるを得なかった。昼には今季初となる冷やし中華を作ったが、キッチンが暑くて、ガスを使うのはしんどかった。そんな暑い中、昼過ぎに散…

朝ドラと京アニ

久々に午前中から晴れて、ようやく梅雨明けが見えてきた。今月になって30度こそ超えなかったが蒸し暑い日が続き、体調も芳しくなかった。そのため、ほとんど何もできずに燻ったままの状態が続いていた。ブログもメモ程度の日記しか書けなかった。そろそろ…

ドラマのこと

久しくドラマのことを書いてなかった。正直、書く気力がなかった。なにしろドラマそのものを見るのがしんどかったからだ。そのため録画ばかりがたまってしまい、それを見るのもうんざりと言ったところ。体調が良くないと、こうも気力が衰えるのかと思った。…

散歩と「箱男」

雨は止んで、気持ち良く晴れた。久しく歩いていなかったので、昼前に散歩に出かけた。さほど暑くはなかったが、日差しは強く、陽に焼けてしまった。それでも緑が目に優しく、花も美しかった。 1時間程度歩いただけだったが、ぐったりと疲れてしまった。午後…

雨の音

早朝4時半。まだ薄暗い。外からは雨の音が優しく聞こえてくる。久々に不快ではない目覚めだった。とっても素敵な夢を見ていたはずなのに、その感触だけ残して消えてしまった。それでも夢の断片は覚えている。学校の校舎の片隅に、隠されたように存在する階段…