ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

映画

【備考】わたしの赤ちゃん~今そこにある危機

朝ドラ「エール」では主人公の弟の結婚が描かれた。その福島のリンゴ農家の一人娘を演じたのが志田未来で、父親を演じたのがマキタスポーツ。当然、父と娘で確執があり、それがドラマになる。 シーズン4の「わたしの赤ちゃん」でも、そうした父と娘が描かれ…

【備考】母さんの初恋〜小さな恋のメロディ

このところ寒い日が続いているが、早くも初雪が降った。初雪と言えば美しくも儚いものであるが、それは初恋にも言えることである。 シーズン4の「母さんの初恋」は甘くて少しほろ苦い初恋をキャロラインが思い出していくストーリー。二人の結婚記念日、女性…

【備考】小さな恋、大きな愛〜リトル・ダーリング

BS4Kでシーズン4の「小さな恋、大きな愛」を見た。 邦題のようにローラの恋を描いた「小さな恋」とチャールズの仕事と家族への思いを描いた「大きな愛」のストーリーが同時進行する。 面白いのは当然、ローラの恋のパートではあるが、シーズン1の「ロ…

映画「さらば、わが愛/覇王別姫」

WOWOWのミニシアター特集の1本として放送された「さらば、わが愛/覇王別姫」を久々に見た。3時間弱という長尺ながら、一気に見ることができた。 さらば、わが愛 覇王別姫(字幕版) 発売日: 2015/11/15 メディア: Prime Video 京劇を舞台にした50年に及ぶ…

映画「屍人荘の殺人」

秋ドラマはあまり見る気がしなくて、その代わりに映画を多く見ている。普段あまり見ない映画も、予備知識なしに見ることもある。「屍人荘の殺人」もそんな一本。 屍人荘の殺人 発売日: 2020/06/16 メディア: Prime Video タイトルからミステリーだとは分かる…

ブルース・リーの映画

小学生の頃、憧れのヒーローの一人がブルース・リーだった。1940年11月27日生まれだから、今年は生誕80年になる。 代表作「燃えよドラゴン」が公開されたのが1973年12月で、この年の7月にすでにリーは亡くなっていた。 燃えよドラゴン ディ…

映画の楽しみ~中学時代の割引券

映画を観る楽しみは色々あるが、その中でも個人的に大きなウェイトを占めるのが映画で流れる音楽を聴くことである。 音楽だけを集中的に聴くのも好きだけど、映像によって魅力が倍増することもある。 とにかく映画の中で流れた音楽は、それだけで記憶に残り…

【備考】ベイカー先生 休診~ジョーズ2

「大草原の小さな家」で好きなのは、やはりローラとメアリーの二人のシーン。ただ二人が歩いてるシーンや、ベッドの中でのお喋りだけでも見ていて楽しい。 それだけに、どちらかが登場しないとそれだけで落胆してしまう。シーズン4は日常生活に制限を受けな…

映画「ダメージ」

狂おしいほど危険な暑さが続いている。そんな時に狂おしいほど危険な愛の映画を見た。1993年4月に公開されたルイ・マル監督の「ダメージ」である。 当時、ジュリエット・ビノシュとジェレミー・アイアンズの共演というだけでも話題になっていた記憶があ…

黒澤映画の前売券

1990年には黒澤明監督の「夢」も映画館で観ている。初日は5月25日であるが、いつ観たかは覚えていない。場所は有楽町マリオンだったと思う。スピルバーグらが制作に携わったということで特撮が楽しみだったが、印象に残ったのは美しい自然だった。 こ…

アラン・パーカー監督の訃報

長い闘病の末、アラン・パーカー監督が亡くなった。享年76歳。 遺作が2003年公開の「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」だから、ずいぶんと長いブランクがあった。この時がまだ60前だから、まだまだ多くの作品を撮ることができたはずだけに残念でなら…

映画「旅愁」とラフマニノフ

「風と共に去りぬ」のメラニー役で知られるオリヴィア・デ・ハヴィランドが亡くなった。享年104歳、大往生である。 スカーレットと対照的なメラニーの印象が強いが、個人的には中学生時代に映画館で観た「エアポート'77」と「スウォーム」に出ていたのが…

Ennio Morricone & Survival

昨夜、エンニオ・モリコーネの訃報を知った。享年91歳、病気ではなく、ケガが原因というのが残念でならない。 www.asahi.com そして今日、BS4Kでの『大草原の小さな家』は、「吹雪の中」だった。 hze01112.hatenablog.com この時の記事にも書いたが吹雪の…

映画「近松物語」と二人の京子

BS4kで「近松物語」を見た。溝口健二の映画ではマイ・ベスト。 近松物語 4K デジタル修復版 Blu-ray 発売日: 2017/11/02 メディア: Blu-ray とにかく香川京子の美しさに尽きる。最初こそ、眉がなくてお歯黒の顔は近寄りがたい雰囲気があるが、それがだんだん…

映画「夕陽の挽歌」

BSプレミアムで放送された映画「夕陽の挽歌」を見た。 Wild Rovers [Blu-ray] 発売日: 2019/02/26 メディア: Blu-ray ウィリアム・ホールデンとライアン・オニールがコンビを組み、ブレイク・エドワーズが監督した西部劇であるが、Wikipediaには記載がなく…

映画「地獄の逃避行」~映像と音楽

日本では未公開だった1973年アメリカ公開の映画「地獄の逃避行」を見た。 地獄の逃避行 [Blu-ray] 発売日: 2017/12/16 メディア: Blu-ray テレンス・マリック監督の映画は「天国の日々」を映画館で観て、その圧倒的な映像美とモリコーネの音楽に魅せられ…

【備考】兵士の帰還~サイコ

真夏日になった今日、今シーズン初の冷房を入れた。体がまだ暑さに慣れていないうえに頭痛にもなってしまい、しんどい状態が続いた。 そんな中、映画「サイコ」を見た。もう何度も見ている映画ではあるが、見る度に発見がある。舞台になっている土地はカンザ…

「エール」と「椿姫」

昨夜8時に鳴り響いた花火の音、ベッドの中で何だろうと思いながら眠りについた。今朝になって悪疫退散を願って全国の花火師たちが打ち上げたと知り、見なかったのを後悔した。 毎年7月には当地でも夏まつりの花火が打ち上げられるが、今年は中止になってし…

【備考】貨車暴走〜暴走する車両

いつの時代でも、子供は乗り物が大好きである。自分は鉄道ファンではないが、今でも電車が走っているのを見ると、ついカメラを向けてしまう。 蒸気機関車が珍しかった時代だったら尚更だろう。カールだけでなく、ローラとメアリーも、汽車が見たくて仕方がな…

【備考】学芸会のできごと~若草物語

シーズン3の「学芸会のできごと」の原題はLittle Womenで、「若草物語」のこと。小説は読んだことはないが、映像作品はいくつか見た記憶はある。その中でも1949年公開の映画は印象的である。 監督は「哀愁」のマーヴィン・ルロイ。メグをジャネット・リ…

【備考】キャンプ〜アドベンチャー・ファミリー

映画「アドベンチャー・ファミリー」がアメリカで公開されたのが1975年12月。その年の10月に放送されたのがシーズン2の「キャンプ」だった。この回をBS4Kで見直して、もう一度映画も見たくなってしまった。 映画の原題はThe Adventures of the …

【備考】風の中の初恋~草原の輝き

風薫る5月は初恋のイメージがする季節。「大草原の小さな家」もシーズン3になると恋の季節を迎える。「風の中の初恋」はメアリーの切ない恋を描いたストーリー。 海外ドラマは日本のドラマと違って、あまり季節感を感じることができない。このドラマでもク…

【備考】父さんのホームラン~がんばれ!ベアーズ

明日にも緊急事態宣言が解除されそうだが、単純に喜べないのが辛いところ。春の選抜は中止になってしまったが、夏の高校野球はどうなってしまうのだろうか。 そんな中、BS4Kで「父さんのホームラン」を見た。個人的にはとっても面白い回でお気に入りだけ…

映画「テンタクルズ」~1977年の夏

今日も真夏のような暑さになっている。夏といえば海、海と言えば映画「ジョーズ」を思い出す人も多いだろう。自分にとっても忘れられない映画で、初めて買ったレコードがこの映画のサントラだった。 その「ジョーズ」を観た1年後の夏に同じような海を舞台に…

【備考】ジョニーの家出〜緑園の天使

BS4Kでシーズン1の「ジョニーの家出」を見直した。美しい映像で、酒場の女ミミを演じたジェーン・アリス・ブランドンの魅力が増したように思えた。昨年見た時には黒川智花のようだと書いたが、改めて見てみると若き日のエリザベス・テイラーのようにも…

「ミッション:インポッシブル」と「キャリー」

BS4Kで「ミッション:インポッシブル」を見た。個人的にはこのブライアン・デ・パルマが監督した1作目が一番好きである。公開は1996年7月で、以降5作目の「ローグネーション」までは映画館で観ている。 ミッション:インポッシブル (字幕版) 発売…

大林監督の訃報

昨夜、大林監督が亡くなった。コロナが原因ではないが、10日はコロナがなければ新作映画の封切り日だったので、やはり無念であっただろう。晩年はずっと反戦を訴え続けていただけに、このウィルスとの戦いをどう思っていたかを聞いてみたかった。どこかの…

映画「未知との遭遇」

1978年3月21日に映画「ジョーイ」を観た帰りに、「未知との遭遇」のサントラ盤レコードを購入した。映画はその10日後に観て、圧倒させられた。 最初に買ったサントラ盤はカセットテープの「スター・ウォーズ」で、最初に買ったレコードは「ジョーズ」…

【大草原の音楽】2「殺しが静かにやって来る」

昨日は一日雪が降り続いたが、気温が高めだったので、それほど積もらなかった。それでも外は雪景色に変わってしまった。 「大草原の小さな家」で雪のエピソードというと「吹雪の中」がすぐ思い出される。 hze01112.hatenablog.com この回を見て思い出した映…

映画「ウェディング・シンガー」と80年代の音楽

クリスマスに映画「ウェディング・シンガー」を見た。結婚式場で働く歌手とウェイトレスが結婚に至る紆余曲折を描いたラブ・コメディ。1985年を舞台にしているので当時のヒット曲が流れて、ムードを盛り上げる。 日本公開は1999年2月20日であるが…