ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

「100万回」と「101回」のファンタジー

立春。珍しく朝から陽の光が部屋を照らし、それだけで気分が良くなるから不思議なものだ。週末の土曜日の朝は、ゆっくりとコーヒーを飲んだ後、録画していたドラマなどを見るのが楽しみだったりする。 1月から始まった冬のドラマも予想以上に面白くて、見る…

週刊文春の思い出

最近は本はおろか、雑誌さえ買っていない。 今、手元に残っている雑誌で最新なのが週刊文春の2021年7月8日号である。東京に居た頃は毎週買っていたのに、もう1年半もご無沙汰ということになる。 では、この時は何を読みたくて購入したのかというと、第一に…

小林信彦と坂本九

爆弾低気圧の影響で頭痛がして、目覚めは最悪だった。それでも早朝には強風は止み、6時前にゴミ出しに行ったら、空には星が輝いていた。思わず坂本九の「見上げてごらん夜の星よ」のメロディが頭に浮かんだ。この時の気温が氷点下1度くらいだから、そこそ…

2月になって

ようやく2月。早く3月になって暖かくならないかと切に思う。 それでも今日は久々に気温が8度まで上がったが、先週の水曜日は最強寒波によって最高気温がマイナス4度という寒さだった。 とにかく、こう寒いと体だけでなく頭も働かず、物事がスムーズに運…

夢の轍〜さだまさしのコンサート

さだまさしがグレープとしてデビューしてから50年になるとのこと。 正月にたまたまBSで「さだまさしが生まれた場所で」と題された、昨年に閉館となったNBCビデオホールでのコンサートの模様を見た。ここで1972年11月に初めてのコンサートを開き、翌年に「雪…

映画「誕生日はもう来ない」〜メアリーのホラー映画?

「大草原」のメアリー役で知られるメリッサ・スー・アンダーソンが主演したホラー映画「誕生日はもう来ない」を13日の金曜日である昨日、ようやく見ることができた。 基本、ホラー映画は苦手なジャンルではあるが、1970年代のオカルト映画ブームの時に映画の…

「わが家の思い出」の記憶

昔の日記を読むと、その度に新たな発見があって面白い。 1990年1月4日(木)に次のような記述があった。 朝はマクドナルドへ行き、それから有楽町へ出て、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」を観た。終映後、吉野家で牛丼を食べて帰宅。夕方より…

今と昔の年末年始

年末年始の一週間はただ食べて寝るだけの日々で、今年はスキーにさえ行く気になれなかった。テレビで映画を見たり、溜まったCDを聴くだけでも一日などあっという間で、ゆっくり本さえ読めなかった。9割引6,900円で購入した文学全集もいつ読むことができるだ…

【備考】最初の本

BS4Kで放送中の「大草原」、2023年の最初はシーズン9の「最初の本」ということで、いかにも新年のスタートにピッタリの邦題である。 しかし、原題はOnce Upon a Timeということで、ローラが昔々の出来事を小説に書いてコンクールに応募するというストーリー…

「エルム街の悪夢3」と「オペラ座の怪人」

水木一郎が歌ったのが「コン・バトラーV」。 Vと言えば、個人的にはアメリカのドラマを思い出す。アメリカでは1983年に放送されたようだが、日本では1987年に15巻のセットで発売されており、これをレンタルで夢中になって見たものである。 そのドラマに出演…

「原始少年リュウ」と「キャプテンハーロック」

水木一郎が今月の6日に74歳で亡くなった。 アニメのデビュー作である「原始少年リュウ」を久々に聴いたのに、ほとんど歌えてしまうことに改めて驚いてしまった。 原作を読んだのが少年チャンピオンだったか、小学館の学年誌だったかは忘れたが、1971年10月に…

【4K】真田太平記(最終回)

冬型の気圧配置となり、強風と共に雪が舞い始めた。 今日が最終回だった「真田太平記」は少々画面が乱れたが、無事に見ることができた。 それにしても最後までしっかりと面白くて、それぞれの人生模様が見事に描かれたことに驚嘆する。 一応、主人公は最後ま…

【備考】最後の患者

シーズン9の12話「最後の患者」をBS4Kで見た。 最終シーズンであるシーズン9も後半に入り、いよいよ残りも少なくなってきた。邦題の最後という言葉から終わりが近づいているのを感じてしまう。原題はMarvin's Gardenだから「マービン先生の庭」でも良かっ…

映画「雨に唄えば」

年末になると、つい過ぎ去った日々のことを考えてしまう。そのうえ、寒くなると炬燵の中で、つい昔の日記を読み続けてしまうから始末に負えない。そんな訳で、昨日の続きを書くことにする。 1987年12月1日に「巴里のアメリカ人」を観て、23日には「雨に唄え…

ガーシュウィンと映画「巴里のアメリカ人」

「クラシックTV」でガーシュウィンの特集を見た。 クラシック、ポップス、ミュージカル、オペラ。ジャンルを軽やかに越え「アメリカの名曲、スタンダードナンバー」を残したガーシュウィン。レディー・ガガ、レイ・チャールズ、ホイットニー・ヒューストン、…

最近のお気に入り~「ジェシカおばさんの事件簿」など

早くも11月が終わり、明日から師走。昨日今日と暖かかったが、いよいよ今夜から冷え込んで雪になるとのこと。 それでもタイヤは交換したし、雪囲いもして、灯油も買った。とりあえずは準備は万端であるが、とにかく雪国の生活は面倒くさい。そのうえ、これか…

【備考】心に映るもの~愚かな恋

BS4Kでシーズン9の「心に映るもの」を見た。このタイトルを見て、どんなストーリーだったか思い出せなかったが、DVDで見た時は「愚かな恋」だったので当然である。原題はシンプルにLOVEだったのに、そこに愚かなと付けた当時の担当者と、それを変更した担当…

失敗から考える

昨日は雨で頭痛が酷く、ほぼ一日寝込んでしまった。 今日は晴れて暖かく、頭痛は治まったものの頭がまだボーっとしている中、病院まで行ってきた。病院の窓から見える遠くの山並みが美しかった。 そこで、ちょっとした失敗をしてしまった。帰りの支払いの際…

「舞いあがれ!」松尾諭と気になる女優

今日はポッキーの日とのことだが、もう随分と食べていないなと思った。最近はキットカットをよく食べている。袋の裏の飛行機雲が嬉しい。 今週の「舞いあがれ!」は熱かった。夢の実現のために努力する姿は美しい。たとえ失敗に終わったとしても、そこから得…

10月のドラマとCM

10月ってこんなに寒かったっけって思うような日が続いている。今月の中旬には炬燵を出し、今日も朝からストーブを点けた。寒暖差も大きく、その影響で肩凝りと頭痛が頻発している。さらにそれが脳疲労まで生じさせているとのことで、やる気も集中力も続かな…

「舞いあがれ!」続く

最近は検索で「まい」と打ち込むと「舞いあがれ!」と「マイナンバーカード」が表示されるようになった。前者は最高だが、後者は最低である。SNSでの反応も凄くて、前者はポジティブな熱量が凄いし、後者はネガティブな怒りが渦巻いているといった感じである…

「舞いあがれ!」と飛行機雲

今朝の朝ドラ「舞いあがれ!」も見どころ満載で最高だった。残念ながら今はこんな感想しか書けないが、Twitterみたいな感じで十分かもしれない。 とにかくストーリーだけでなく、日常の描写から目が離せない。いきなりアバンから今週のサブタイトルになって…

【備考】父の死を乗り越えて~タイトル

ここ数日の寒さで頭痛が続いている。先日など最低気温が7度で、最高気温が13度という寒さで、早くも暖房を点けてしまった。こうなるとテレビを見るのもしんどくて、ただベッドに横たわって体調が良くなるのを待つことしかできなかった。 そんな訳で、先週か…

茜色の空

朝から冷たい雨。最高気温も20度に届かず、一気に寒くなった。昨夜はまだ暑くて窓を開けていたのに、この雨で空気が一変してしまった。 昨日の朝は例によってゴミ捨てのついでにコンビニまで自転車を走らせた訳だが、またしても朝焼けの雲を見ることができて…

「ウルトラセブン」と興収1位の映画

55年前の今日、10月1日に「ウルトラセブン」の初回が放送されたとのことで、今日から55周年記念*14K特別上映が始まるとのこと。その上映作品は次の通り。 第7話「宇宙囚人303」第26話「超兵器R1号」第37話「盗まれたウルトラ・アイ」第48話「史上最大の侵略…

クニコの日~オリビアを聴きながら

週末、台風が過ぎ去って一気に気温が下がった。その台風による低気圧と寒暖差と夏の疲れから久々に頭痛と吐き気で寝込んでしまった。 それでも昨日は朝から晴れて気分が良かった。日の出もだいぶ遅くなって、ネットで調べたら当地では5時半になっていたが、…

朝焼け

嵐の前の静けさ。 今朝5時の気温は28度で、久々の熱帯夜となった。今日の最高気温も35度とのことで、猛暑日になる見込み。大型台風によるフェーン現象であるが、この時期にこの暑さは体に応える。 朝、窓を開けたら朝焼けの空が見えたので急いで外に出て写…

飛行機雲

早朝、ゴミ出しのついでにコンビニまで自転車を走らせた。日中はまだ30度を超えて暑いものの、日の出前は寒いくらいである。この寒暖差が美味しい米を育んでいるが、体に与えるダメージは大きい。 途中、空を見上げたら飛行機雲が鮮やかに見えた。なんだか…

横浜の休日

本当に久々に横浜まで行ってきて早くも一週間が過ぎてしまったのに、何も書けないままである。大学生になって初めてデートをした思い出の地だというのに言葉がまるで出てこない。あの頃は手書きで指が痛くなるまで書き続けることができただけに隔世の感があ…

ドラマ「まんが道」と「シャツの店」

8月もあまりブログを書くことができなかったが、それでも古い記事が読まれているようで、定番の「大草原」以外だと、「イッセー尾形とまんが道」と「透明なゆりかご(第6話)」へのアクセスが多かったようである。 「まんが道」は今年、作者の藤子不二雄 Ⓐが…