ささやかな日常の記録

現在と過去のエンタメなど

映画

映画「テンタクルズ」~1977年の夏

今日も真夏のような暑さになっている。夏といえば海、海と言えば映画「ジョーズ」を思い出す人も多いだろう。自分にとっても忘れられない映画で、初めて買ったレコードがこの映画のサントラだった。 その「ジョーズ」を観た1年後の夏に同じような海を舞台に…

【備考】ジョニーの家出〜緑園の天使

BS4Kでシーズン1の「ジョニーの家出」を見直した。美しい映像で、酒場の女ミミを演じたジェーン・アリス・ブランドンの魅力が増したように思えた。昨年見た時には黒川智花のようだと書いたが、改めて見てみると若き日のエリザベス・テイラーのようにも…

「ミッション:インポッシブル」と「キャリー」

BS4Kで「ミッション:インポッシブル」を見た。個人的にはこのブライアン・デ・パルマが監督した1作目が一番好きである。公開は1996年7月で、以降5作目の「ローグネーション」までは映画館で観ている。 ミッション:インポッシブル (字幕版) 発売…

大林監督の訃報

昨夜、大林監督が亡くなった。コロナが原因ではないが、10日はコロナがなければ新作映画の封切り日だったので、やはり無念であっただろう。晩年はずっと反戦を訴え続けていただけに、このウィルスとの戦いをどう思っていたかを聞いてみたかった。どこかの…

映画「未知との遭遇」

1978年3月21日に映画「ジョーイ」を観た帰りに、「未知との遭遇」のサントラ盤レコードを購入した。映画はその10日後に観て、圧倒させられた。 最初に買ったサントラ盤はカセットテープの「スター・ウォーズ」で、最初に買ったレコードは「ジョーズ」…

【大草原の音楽】2「殺しが静かにやって来る」

昨日は一日雪が降り続いたが、気温が高めだったので、それほど積もらなかった。それでも外は雪景色に変わってしまった。 「大草原の小さな家」で雪のエピソードというと「吹雪の中」がすぐ思い出される。 hze01112.hatenablog.com この回を見て思い出した映…

映画「ウェディング・シンガー」と80年代の音楽

クリスマスに映画「ウェディング・シンガー」を見た。結婚式場で働く歌手とウェイトレスが結婚に至る紆余曲折を描いたラブ・コメディ。1985年を舞台にしているので当時のヒット曲が流れて、ムードを盛り上げる。 日本公開は1999年2月20日であるが…

【4K】映画「ディア・ハンター」

4Kテレビで初めて4K化された映画を見た。多くの人は画質にそんなにこだわりなどないと思う。4K対応テレビで地上波を見ても、十分にきれいである。それでも4Kテレビが最大の効果を発揮するのが、4Kで制作された番組であることは間違いない。 しかし、現…

映画「約束」

今日は岸惠子の誕生日ということを知らずに、彼女の主演映画「約束」を見た。これは萩原健一の追悼企画の1本として放映されたのを録画していたもので、内容等はまったく知らなかった。これが実に素晴らしかった。自分の好きな要素が満載で、すぐに保存版にな…

「火の鳥」あれこれ

日本映画専門チャンネルにて映画「火の鳥」を見た。以前、市川崑の特集で放映されたようだが、今回は若山富三郎の特集での放映だった。未ソフト化で長年、見ることができなかった映画の1本だった。 公開は1978年8月19日。この頃、自分は「スターウォ…

ドラマ「キャッスルロック」と映画「幻の湖」

朝から雪が降り続いた。最高気温は2度未満で真冬の寒さだった。こんな時は暖かい映画が見たくなる。だけどドラマ「キャッスルロック」を見続けてしまった。 スティーブン・キング原作、J・J・エイブラムス製作のドラマだ。これが身も凍るような内容だから…

PlayerからReaderへ

毎年のことながら、この寒暖差には参る。一昨日は21度、昨日は12度、そして今日は4度が最高気温だ。明日も雪との予報が出ている。こうなると炬燵から出られなくて困ってしまう。 それでも映画を見ることができた。それぞれが面白くて、時間を忘れて見続…

映画「スリー・ビルボード」と「ランボー」

午後から待望の晴れ。少し気温も上がって、ようやく厳しい寒さも一段落。今週は気温が高めとのことなので嬉しい限り。 寒い日が続いたせいか、体重は増加。67.9キロまで増えてしまった。秋から3キロも増えてしまったことになる。摂取カロリーに変化はないの…

「帰れない二人」と牧瀬里穂

厳しい寒さが続いている。雪も降り続いている。身も心も凍りついたかのように動かない。こんな時は井上陽水の「氷の世界」を聴く。何度聴いても、その世界に引き込まれてしまう。名盤はいつまでも色褪せない。 「帰れない二人」が好きだ。牧瀬里穂が初主演し…

映画「メトロポリス」

朝は晴れていたが、昼過ぎには早くも曇り。明日の夜からは寒波到来で雪が続くとのこと。いよいよ雪に閉ざされた日々が続く。 先日、Amazonで再生専用のiVプレイヤーを購入した。今のレコーダーが不調で、これまで3度も録画したものが消えてしまった。すでに…

クリスマスに映画「グレムリン」

朝から雪。そんな中、お歳暮で「白い恋人」が届いた。まさにホワイト・クリスマスの贈り物。 WOWOWではクリスマス特集で「グレムリン」と「ホーム・アローン」を放映。どちらも続編含めて映画館で観た。 「グレムリン」1984年12月8日公開。 「グレム…

SF映画歴代トップ50

ネットを見ていたら面白い記事があった。大好きなSF映画のランキングだ。米批評サイト選「SF映画歴代トップ50」で、なかなか斬新な結果に驚いた。順位は以下の通り。 1位:『マッドマックス 怒りのデス・ロード』2015年 2位:『E.T.』1982年 3位:『メトロポ…

映画「めぐり逢い」

この時期、なぜかハートウォーミングな恋愛映画が見たくなる。未だにクリスマスが近づくと何だか落ち着かなくなってくるから妙なものだ。東京のこの時期はイルミネーションがきれいだった。 BSPで放映された「めぐり逢い」を見た。1957年制作のアメリカ…

80年代外国映画あれこれ

今日発売のキネマ旬報の特集は80年代映画ベスト10とのこと。ネットで1位が「ブレードランナー」だったことだけが出ていた。個人的にも異論はない。 80年代に限定せず、オールタイムでもベスト5に入る。これは当時、映画館で観た人にしか分からないか…

映画「美しき諍い女」

師走のスタート。 一年の終わりの始まり。いつものことだけど、気持ちが落ち着かなくなっていく。年賀状のことが気になる。止めたいけど止められない。自分の生存報告。今日も一日寒かった。軽い頭痛が続いた。 今日から4K8K放送がスタート。どうしても見た…

20年前の映画「追跡者」とゴールドスミスの音楽

「追跡者」を見た。「逃亡者」の知名度に比べれば、地味ではあるが決してつまらない映画ではない。「逃亡者」でハリソン・フォードを追い詰めたトミー・リー・ジョーンズが主役。 日本公開は1998年6月13日。上映時間131分。昨夜BSPにて放送。先週の…

40年前の映画「カプリコン・1」

台風21号の接近により暴風域に入った。強風で家が揺れている。こうなるとBSはもう映らない。 WOWOWの「未来少年コナン」は今日が最終回だったが録画は失敗だった。40年前のNHKでの放送以来、何度も見ているのに最後まで見続けてしまった。人物描写の丁寧…

「この世界の片隅に」と「悲しくてやりきれない」

猛暑日とゲリラ雷雨。こんな山間部でも東京と変わらない。避暑地なんて処はどこにあるのだろう。73年前の今日も、こんなに暑かったのだろうか。 終戦記念日ということで某チャンネルで特集放送をしている。大林宣彦監督の「野のなななのか」「この空の花 …

映画あれこれ

このところドラマばかり見ているので、なかなか映画が見られない。WOWOWでも見たい作品が毎日のように放送されているのに、困ってしまう。それでも無理に見ようとしても、見るのがしんどかったりする。ドラマの45分に慣れてしまうと、90分の映画さえ長く…

「未来少年コナン」と「名探偵コナン」

コナンという名前から想起される人物は世代によって違うだろう。シャーロック・ホームズで知られるコナン・ドイル。シュワルツェネッガーが演じた映画「コナン・ザ・グレート」。最近では映画も大ヒット中の漫画「名探偵コナン」が有名だろう。 しかし、自分…

映画「ピーチガール」

こちらでは台風の影響は雨ではなく熱風だった。雨は少しパラついただけで、焼け石に水だった。それなのにフェーンで気温は急上昇。週間予報を見ても晴れマークがずらっと並ぶ。さすがにウンザリしてしまう。 昨夜のドラマ「極道めし」第3話を見て、さらに暑…

映画「LOVERS」

2000年代にも、それなりに映画館に行っている。しかし、その後、見直すことはなかったので案外、記憶には残っていない。今日見た「LOVERS」もそんな1本である。 2004年8月公開時に観た記憶はあれども、内容はすっかり忘れていた。金城武とアンディ…

ワールドカップと敗者

まだ梅雨も明けないのに真夏のような暑さが続いている。夜も、ほぼ熱帯夜。そんな中でのワールドカップで、すっかり消耗してしまった。 午前3時に試合開始。これは深夜なのか、早朝なのか、迷うところ。そんな中途半端な時間にもかかわらず、しっかりと目覚…

映画「ジョーズ」とサントラ

梅雨の晴れ間。気温は上がり、蒸し暑かった。もうすぐ夏だ。夏と言えば海。海と言えば映画「ジョーズ」が思い出される。 日本公開は1975年12月、映画館で観て興奮した記憶がある。今でも誰もいない船の底から出現するアレは強烈に覚えている。ホラー映…

高橋しんと映画「ドラえもん」

寒い朝、ふるえて早く目覚めてしまった。ぼんやりとネットを見ていたら気になる記事を見つけた。 懐かしい。コミックは全巻購入したが、アニメーションは見る機会がなかった。前田亜季主演で実写化もされたようだが、これも未見のままだ。 あの頃、夢中にな…